ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.07.20

科博に「深海2017」を見に行く

Pocket

 

科博の夏の特別展。

 

 

 

 

 

 

 

 

この夏はコレだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実はコチラも見たいところではあるのだが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科博の方は小学生が夏休みになると、とてつもなく混んじゃうので、

「アルチンボルド展」は次回にまわし、

まずはコチラから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも、平日午後のわりには列長い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半部は「深海の生物」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の目玉は、この「目玉」。

「デメニギス」。

透明なドーム状の頭部の中に緑色の筒状の目玉を持った、

何ともSFチックな深海魚である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標本になってしまうと干物みたいですけど・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのほかもメズラシイ、深海生物がイッパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球の不思議、生命の神秘を実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイオウホウウズキイカは体長こそダイオウイカより短いが、

体重ははるかにしのぐという、

幻の巨大生物である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはダイオウイカ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミツクリザメはその顎が飛び出す「エイリアン的」な捕食方法で有名だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半は、深海の地殻や地震に関する最新研究。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「しんかい6500」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のころ「ビーブ海底探検記」という本に夢中でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリエステ号のプラモデル作ったことがあるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒジョーに面白かった。

ただし深海生物は飼育することができないので、

生態展示は無く残念だが、そこは仕方がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

科博に来ると、いつも少年の日々を思い出す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも「大人」なので、そのあとはビール飲んじゃうんだなあ。

@上野精養軒(^o^)/

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ