ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.06.12

禁断の東欧キット

Pocket

ワタシの中での「ベルリンの壁崩壊」によって、

今まで自主規制(?)していた

東欧メーカーのキットに目を向けるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、購入したのがこのキット。

コヴォザヴォディ・プロスチェヨフという舌を噛みそうな前のメーカー、

KPモデルはやはりチェコのメーカーだ。

2017年のリリースらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱はいわゆるキャラメルボックス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボックス裏はカラー塗装図あり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中身は先のエデュアルドには及ばないが、

スジボリで彫刻もまずまず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、実際に組んでみるとそれなりに難物であった。

主翼、尾翼など胴体にはめ込む「ダボ」がなく

いわゆる「イモ付け」になっている。

なので、ここに穴をあけピアノ線を入れてダボを作る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも何とか完成。

チェコ空軍の仕様にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 カジキマグロなどの記念塗装を別にすれば

全体に東欧の機体は地味です。

このマークが、ワンポイント。

しかし、子供の絵みたいだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 組み立てには難儀したが、

出来上がるとプロポーションはなかなかのもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これ大事なところで、

いかに精密、パチピタであっても出来上がりがブサイクでは困ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 苦労した分、カワイイというのもアリ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、こうしてみると

エデュアルドやフジミのキットには

2歩も3歩も譲るのというのは否めない。

でも、組み立て工程を含め、独特の味がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、すでに別デカールをもう一個買ってしまってたりして。(^^;)

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ