ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.10.14

祝 ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞

Pocket

 

 さて、とんでもないニュースが飛び込んできましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボブ・ディラン、ノーベル文学賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうか、その手があったか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシはボブ・ディラン好きだけど、熱狂的なファンではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 CDは、数えたら13枚持っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ディランはおそらく50枚以上のアルバムだしてますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 むしろディランには「乗り遅れた」世代であると自覚している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1960年代に青春を迎えたディラン世代から遅れること10年のワタシは

ビートルズは後追いしたが、ディランはしなかった、できなかったというべきか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビートルズのそのメロディーや歌詞がある程度の普遍性を持つのに対し、

ボブ・ディランの作品は時代に密接に関係したメッセージ性があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、その時代にディランをリアルタイムで聴いた人に対しては大変なうらやましさを感じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん作品としての普遍性は偉大であるが、作品の理解度という点では

コンテンポラリーな体験を持った人には及ばない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ、ワタシがはじめてボブ・ディランを知ったのが

1972年のガロのヒット曲「学生街の喫茶店」だったというのが、

まったくもってハズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも、英語の歌詞を正確にヒヤリングできないという点は

ディラン聴きとしては大きなハンディキャップであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今まで、ワタシがボブ・ディランの曲をバンドで歌ったのは

「Like A Rolling Stone」くらいで、それもローリングストーンズ・ヴァージョンだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度、何曲かボブ・ディランの楽曲を取り上げようかしら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そうすれば歌詞も覚えるのでディランの「文学」にも触れることができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ノーベル賞には「音楽賞」はないが、

もし、ジョン・レノンが生きてたら

ノーベル平和賞をとれたかもしれないなあ、と、ふと思った。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ