ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.07.18

盛岡に冷麵を食べに行く~その3

Pocket

 続きです

 

 

 今日はやや天候回復。

朝はダム湖に霧が立ち込めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やがて見事な虹が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 2つかかっていますが、手前の虹が、近いぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昔から虹のたもとにはたどり着けない、というが

これはたどり着けそうです。

橋のこっち側だし。

ここを掘ると宝があるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 朝食もバイキング。

美味しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 学会場に行かなくていい旅行はいいなあ。

ところで、このホテルの部屋の造りはなんか変でした。 

このオリみたいな柱、鉄製です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビは奥まったこの狭いスペース、しかも冷蔵庫の上にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もとからこうではなかったと思うが、

果たしてもとはどうだったんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 冷暖房もこんなやつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、お風呂はすごく良かったし、泉質も最高でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日バイキング会場にいた中学生の団体はコレであったか。

近くで大会があったようです。

カルコメ?ケイベイ?何処?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クルマで盛岡市内に向かいます。

この立派な建物はアイスアリーナだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 盛岡城址公園の地下駐車場にクルマをとめ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 城址公園を散策します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いいところですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かなり地味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下から見えたこの朱塗りの橋も、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 老朽化してこのありさま。

手前の人物もかなり老朽化しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この台座の上には青葉城公園の伊達政宗像みたいな騎馬像があったらしいが

太平洋戦争中の金属供出で無くなっちゃったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 説明書きがあるけど、ガラスが曇って読めない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 城址公園を一巡りして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 隣接する盛岡のシンボルと呼ばれる

岩手銀行赤レンガ館に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは明治44年に盛岡銀行本店行舎として建てられたもの。

1994年に国の重要文化財に指定されましたが、

そのときはまだ岩手銀行中ノ橋支店として営業していたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後2012年に銀行としての営業を終了し、

約3年半に及ぶ保存修理工事を経て、

公開施設として生まれ変わったそうです。

今の中ノ橋支店はあっちにあるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入館料300円で内部を見学できます。

映画のセットみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アガサクリスティーとかドラキュラとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 似てると思いましたが、設計者は東京駅を設計した人だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金庫室。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 上の扉は中に閉じ込められた人が脱出するためのものだそうですが

それっていったいどういうシチュエーションなんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 旧支店長室、重役室、第一・第二応接室などに、

さまざまな資料が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、どの部屋にも立派な暖炉。

寒い土地なので必須なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、駐車場近くのもりおか歴史文化館で盛岡山車をバックに写真を撮った後

いよいよ、今回の旅行の最大の目標であるぴょんぴょん舎に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここも開店直前に到着。

やはり行列が出来ていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてほどなく、開店、入場。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回も無事1クール目に着席。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼肉と冷麺をオーダー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ビールはサッポロ黒ラベル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、いただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すでに店の内外は順番待ちでいっぱい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日はジンギスカンではなく牛肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、主役は冷麺。

大辛、中辛などランクがあるが、これはキムチが別になってる「別辛」。

隣のテーブルの人が注文していたので真似してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結局全部入れちゃうんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マゼマゼして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、コレは美味い。

麵が太くてシコシコツルツル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやー、マンゾク、マンゾク。

日本橋のお店との味の違いは、はっきり言って厳密には分からないが、

やはり現地で食べたという満足感が、

美味しさを倍増させる。

味覚は舌ではなく最終的に脳で認知していることを考えれば、

鮎でも牛タンでも、縁日の焼きそばでもそうだが、

食べる場所、シチュエーションというのもまた味覚の一部ということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、チョーシにのってちょっと肉を食い過ぎた・・・。

お腹、苦しい。

朝バイキング食って、まだこの時点で12時前だからなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後はレンタカーを返し、駅で買い物。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 13時50分のこまちで帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 乗ったときは梅雨空でしたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 仙台過ぎあたりからいきなり真夏に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家で帰りに買った駅弁を夕食に。

イカとサバの寿司めし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これもなかなか美味しかった。

ちょっと、この2日で体重が増えたかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもお隣の秋田県はやはり大変だったようです。

 

 

 

 

 

 

 いつか、今度は小岩井農場へ行きたいなあ。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ