ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.30

皇室

Pocket

小室さん、試験落ちちゃったみたいで。

また、あれこれ言う人がいるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真子さんにあっては、晴れて皇室出られたわけで、

ワタシの考えでは、ひょっとしたら、

ずっと出たかったのではないのかなという気もします。

実際のところは分かんないですし、

本人の口からも言えないと思いますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前にも書きましたが、

今上天皇陛下は、ワタシと同学年です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシはそれを知った子供の頃から、

あー、オレ、天皇家なんかに生まれなくて良かったなー、

と、何かにつけ思ってきたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇家に産まれたかったヒトが、

一体どれくらいいるだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔はともかく、戦後の天皇職はキビシイぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和天皇も大変だったが、

今の上皇さまも天皇陛下も、

この家に生まれたことに思い悩み、

あるいは恨んだこともあるでしょう。

言えないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも立派にお勤めいただいてるのは、

年齢とともに運命を受け入れ、

これを天命と思い、自分の使命と考えることによって

ある種の「悟り」の境地に達したんだろうと想像します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年代初頭のパンクブームの頃、

日本に「アナーキー」というバンドがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのデビューアルバムに収録されている曲に

「Tokyo  Is  Burning」という曲があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲はロンドンパンクの中心バンド「ザ・クラッシュ」の

「London Is Burning」のカバーっていうか「替え歌」で、

歌詞の方は、これまたロンドンパンクの顔、

「セックス・ピストルズ」の代表曲、

「God  Save the Queen」のアイデアを拝借したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すなわち女王陛下をおちょくったピストルズの代わりに

天皇を題材にこき下ろした、という歌詞でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、これは、まったくピンボケでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ナーニが日本の(ピー)だ、

いい服纏ってヘナヘナと

なんにもしねーですくすく育って

ただその家に生まれただけで。」

(ピー)のところはもちろん「象徴」が入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世代的にこの相手は当時の昭和天皇ではなく、

今の天皇の浩宮のことを歌ったものでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲を聴いて、あーなんてコイツらバカなの。

幼稚過ぎて、こっちが恥ずかしくなるわ。

こいつらこそ大した悩みもなく、すくすく育ってきたんじゃねえの。

と、当時クラッシュもピストルズも大好きで

大のパンクロックファンだったワタシは思ったものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天皇家の長男として、ただその家に生まれただけで、

子供の頃から他の子供たちのような自由が与えられず

若いときから相当メンドクサイ宮内庁の役人に

あれこれ指示され、監視され、訓示をされて、

小学時代から道草ひとつできず、

中学高校になってもライブやイベントに行く事も無理で、

大学生になっても彼女もできず、

夜遊びなどもとんでもないことで、

酔っ払ってバカ騒ぎすることもできない

ストレスの溜まる青春時代を送ってきたのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てめーら、腐れヤンキーに言われる筋合いはねーよ、

何も知らねーくせにフザケンじゃねー。

コッチの身にもなってみろ。

と、言いたかったかもしれません。

言えないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレだったら、言ってるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ