ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.07.27

発疹の読みは?

Pocket

 サル痘に関するNHKのニュースで、

アナウンサーの女性が「発疹」を「ハッシン」と発音していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 えっ、これって「ホッシン」じゃねえの、と違和感があり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べてみると、意外な事実が判明。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「発疹」の読みは「ホッシン」も「ハッシン」も正解。

だが、どとらかというと「ハッシン」の方が正しく、

NHKは「ハッシン」に統一してるらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんて、こった。

逆だと思っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらに調べると「ホッシン」は

特に医療現場で、そう発音されることが多いという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ナルホド。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医療現場特有の発音はあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 たとえば「腔」の字には正しくは「コウ」という読みしかありませんが、

医療現場では「胸腔」「鼻腔」「口腔」など、

すべて「クウ」と発音します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはおそらく聞き間違いを防ぐためだと思われ、

「ビコウ」というと「鼻孔」で鼻の穴のことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手術後の「抜糸」は、歯科では「抜歯」と区別するために、

「バツイト」というと聞いたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にも医療現場では「発赤(ほっせき)」「発作(ほっさ)」など

「発」を「ホッ」の発音で呼ぶことが多いですが、

さすがに「発作」を「ハッサ」とは呼ぶことはないものの

「発赤」に対しては国語辞典では「ハッセキ」の読みもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても「早急」はもともと「サッキュウ」だが、

「ソウキュウ」と誤読する人が増えたので、

最近は「ソウキュウ」も正しいことになったのと同じく

「ハッシン」も誤読の一般化だと思ってて

「ハッシン」と発音するヒトを

今まで心ひそかにバカにしていたが、オレの方がバカだったとは。

ソウキュウに考えを改めなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ