ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.20

生ビールと生ギター

Pocket

18日土曜日はこのイベントでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

場所は以前何回か演奏したことのある太田市「メイポール」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前バンドで出たことはあるが、今回はピンで出演。

メンバーの都合がつかなかったが、どうしても出たかった。

目的は「ビール飲み放題」につきる。(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は以前もご一緒したフルートとギターのユニット「M☆Lily」。

美しいフルートの音色と繊細なギターの調べ、が素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はバラエティに富んだ出演者が登場。

2番手は益子町から来たギター弾き語り「春咲さかり」さん。

多分本名ではないと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はサポートボーカルとのデュエットも披露されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういうわけで、唯一一人ぼっちのワタシ、本名で出ております。

何やろうか、ギリギリまで考えていたけど、

まあ、最初は一人ストーンズで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この間、フジロックで観たので、

ここはボブ・ディランを1曲。

フジロックのTシャツ着てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、なかなか一人ってのは大変なんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、生ビールが飲みたいために生ギターを弾きましたが、

生ギターは不味かったが、生ビールが上手かったのでいいか。(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏終了後、6杯は飲んだ(と思う?)。

ウマかった。(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココからバンドが出ます。

「GIAARL」は地元の「ボウイ」のコピバン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが、グンマは「ボウイ」が根強い。

身内の方々らしいが、スゴイ人気でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回、最高の聴きモノだったのはこのバンド「ブルースパワーズ」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演奏もさることながら、選曲がストライク、ハマりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダーのギターの方はあとできいたら大間々のビンテージギターショップのオーナー。

実は、今を去ること20年前、ワタシこの方のお店でギブソンを買ったことがあります。

縁は異なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては主催の「W.S.C.」の演奏。

今回はドラムが助っ人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このバンドなくしてはこのイベントはアリマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、最後の「Free House Band」はたしか3月のグンマオヤジロッカーでご一緒し、

しかもその時グランプリに輝いたバンドですが、

残念ながら、頼んだ代行車が早く到着しちゃったので、

翌朝のサマソニのこともあり、お先に失礼させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今月はライブのない「C5-dips」ですが、

来月は忙しい。

追って、詳細を発表しますねー。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ