ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.08.02

猛暑の消耗戦、引き分けは拍手かブーイングか?

Pocket

ミッドウィークだが、アジアチャンピオンズリーグ出場4チームの

積み残した第14節の試合が行われた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜は、夕立の心配はなさそうだ。

それにしても暑い。ι(´Д`υ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともに赤をチームカラーとする2大クラブの激突。

なんか、不思議な空の色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな因縁の戦いでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はバックアッパーで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今季初対戦、しかし、この後、鹿島とはルヴァンカップ準々決勝での2戦が決まっており

アジアチャンピオンズリーグ、天皇杯を含めて最大7試合の対戦があるやも知れぬ。

 

 

 

****************************************************************************************

2019年J1第16節

浦和レッズ  1-1   鹿島アントラーズ (埼玉スタジアム2002)

   (前半 0-0)

   (後半 1-1)

****************************************************************************************

 

この夜、一番の歓声をもって迎えられたのは41番。

ヨーロッパから戻り、いきなり前節大活躍をした関根であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛り上がるゴール裏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、平日というのに鹿島からもけっこう来てます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主審は、西村氏。(ーー;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合開始早々、相手コーナーキックからのヘッドがクロスバーを叩き、ヒヤッとするが、

その後すぐ、3分と5分にレッズも二度の決定機を作った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前半と、後半に給水タイムが設けられた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合はレッズがポゼッション優位にすすみ、何度かの決定機もあったが、

結局前半はスコアレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーズボールへのアプローチは明らかにレッズが良かったので

後半に期待が、もたれたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さのせいで、プレーに精度を欠き、決定機に決められない。

だが、それはアントラーズも同じで、

あわやというところでミスに救われる場面も少なからずあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、77分。

長澤が自陣で後ろ向きにボールを持っていたところを、背後からさらわれる。

第一波の攻撃は防いだものの、続く波状攻撃の中で

代わって入った伊藤翔にゴールを許す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンドからはGK西川がゴールから掻きだしたように見えたので、

また誤審か、と思ったが、帰ってDAZNで確認したら、

しっかりゴールラインを割っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、俄然苦しくなったレッズ。

前半から有効なパス供給のできなかったエヴェルトンに代え、杉本健勇を投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水曜日夜だがこの観客数。

たいしたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうダメなのか、と思った88分。

決めたのは、やはり興梠慎三であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、山中のクロスに際し、中央の杉本がディフェンダーを引っ張ったことにより

ファーの興梠がフリーになったので、

杉本健勇の投入もゴールの一因ではあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともかく、これで一気に盛り上がるスタジアム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝負の行方はレッズに傾きかけたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5分のロスタイムにも決めきれず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 灼熱の消耗戦は1-1の引き分けに終わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 勝てた試合でもあったが、負けていてもおかしくない試合でもあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ともかく、サッカーをやるには暑すぎる、ということはいえますね。

アントラーズサポも、赤いレプリカだが、イエローハットが目印。

なので、ワタシはカー用品はオートバックスに行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ