ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.19

熱が下がってもうつります

Pocket

インフルコロナ関係で今週はいろんなことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親に連れられて来院した昨日からノドが痛いという小学生。

熱はありません。

実は、毎年の花粉症の薬をもらうために受診しましたが、

ついでにノドのほうも薬が欲しいと。

しかし、優秀な当院の受付は、これはアヤシイと判断、

まずクルマで待機を指示しました。

家族2人に熱発者があったためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノドの発赤もありましたが、

溶連菌の検査と同時に、

家族歴を見てインフルコロナの検査も実施。

実はこの時、新型コロナを疑っていました。

咽頭痛があり、しかも咽頭の炎症所見に乏しい場合、

発熱のない新型コロナは少なくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが結果は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速患者さんに連絡し、

本日熱が出ているお母さんとおじいちゃんも

インフルエンザの可能性が高いので、

検査、受診を勧めたところ

おじいちゃんはすでにかかりつけ医に行ってるということだったので、

そちらに連絡を取ってインフルエンザの検査を必ずするように指示しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて本人の周囲、学校等に発熱者がいなかったか訊いたところ、

ナント双子の弟が3日前に発熱していたことが分かりました。

しかも、発熱で受診した小児科ではインフルコロナの検査せず、

翌日熱が下がったので

昨日から学校に行ってるという話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それは、ヤバイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かかりつけ医に行ったおじいちゃんを除く熱発者は

どこでもいいから医療機関で検査受けるよう伝え、

学校から双子の弟を早退させるように話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すると午後に、母親、おばあちゃんと、双子の弟が、

父親に連れられて当院受診。

おじいちゃんはすでにかかりつけ医でインフルエンザの診断を受けたそうです。

熱のない父親は陰性でしたが、

2日前に平熱になった弟はやはりまだ陽性でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうして、コロナ、インフルは広がっていくのだなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ