ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.01.25

炎の肖像

Pocket

この間、スカパーで放送され録画しておいた映画

「炎の肖像」を見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1974年の日本映画でジュリーこと沢田研二の

セミドキュメンタリー的な映画。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢田研二がロックスター「鈴木二郎」を演じるのだが、

この鈴木二郎が「ジュリー」という芸名であって、

メインはそのライブ映像。

そこまでのストーリーはあってないようなもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢田研二のブリーフ一丁の姿はファンサービスかもしれないし

サインはVの中山麻理さんとのベッドシーンもあり、

まだ新人の秋吉久美子と原田美枝子が共演しているのですが、

ともかくつまらなかった。

見て損した、と思うくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、後半「おっ!」というシーンがあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終盤のライブシーンの前に会場に入るジュリーを映した

1分足らずのこのシーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、間違いなく、今取り壊し中の足利市民会館。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、こんなところに記録されているとは。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この後のライブ映像は足利市民会館のものではなく

1974年の12月に東京都体育館で行われた

「Hey!Julie Rock’n Roll Circus」のものらしい。

足利市民会館のコンサートの日は不明ですが、

この東京都体育館のコンサートが12月2日、

映画の公開が12月28日なので、

製作はかなりの「突貫工事」だったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 テレビで見るジュリーと違い

「C.C.Rider」「Move Over」「Honky Tonk Women」などの

洋楽カバーを歌う姿はちょっとカッコよかったけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに「Rock’n Roll Circus」とは、

あの1968年にローリングストーンズが主催したテレビイベント

と同タイトルだが、ストーンズ好きの沢田研二が

日本版「ロックンロール・サーカス」を目指したものらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 1974年といえばワタシは中学3年生。

当時は、寝ても覚めてもロックに夢中であったが、

ジュリーはあくまでも歌謡界のスターであり、

ワタシの眼中にはまったくなかったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市民会館の公演も市内では話題になったはずだが、

全く記憶になく、足利市民会館でのロックコンサートといえば、

以前も書いたが、1976年頃見た「紫」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんなわけで、大変つまらない映画ではありましたが

貴重な発見があった、ということだけ、

是非お伝えしたかったので。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ