ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.09.08

潜伏期間

Pocket

そんなわけで,日曜日はライブで楽しかったわけですが、

気になるところは、会場でコロナをもらってないかどうか、

ということでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むろん、演奏中以外はマスクをしていましたし、

出演者、スタッフ、お客さんに風邪症状の方はいなかったのですが、

新型コロナはマスクをしていてもうつるし、

無症状の人からもうつる、

ということはわかっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他の人との会話も控えめにして、

同じ場所に長くいないように心がけていましたが、

半日、いろんな人とのやり取りがあれば、

運悪くウイルスをもらう可能性はあるわけです。

なんせ、岸田総理も罹っちゃったんだからなあ。

(感染経路はナイショみたいだけど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日常診療で、コロナの患者さんを毎日何人も診察していますが、

そのつもりで対策をしていれば、

診察中に感染することは、まずありません。

当院で新型コロナの診断をした何百人という患者さんと

相対してきましたが、

ワタシもスタッフも感染はしていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてワタシ自身は今まで、

家族以外の複数のヒトと会話をする、ということは

ほぼありませんでした。

だから、普段はこのような心配はしませんが、

今回は可能性が無いとは言い切れないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 家族内感染を除いて、

コロナは、一般に症状のない知人との会話から感染するのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨今の流行状況を鑑みると、

たとえば群馬県の人口200万人中1日あたりの陽性者数が1500人前後なので

県民の0.075%にあたります。

発症の1日前から感染力があるので、

会った人が20人くらいだが、濃厚接触したかもという相手は

バンドメンバーの4人のほか、2,3人。

多めに見積もって10人として10×0.075=0.75

つまり0.75人くらいは無症状で感染力があるかもしれない。

そして、濃厚接触者の感染の可能性は統計上5%とされているので

最大で0.75×5=3.75パーセントくらいは

感染の可能性があるんではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 降水確率5パーセント以下なら、ふつうは傘はもっていかないし、

合格率3.75パーセントなら志望校は変更すべきだが、

コロナとなると、まず無いとは思っても油断はできず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のオミクロンは、ノドのイガイガ~ノドの痛みで始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナの感染から発症までの期間は、

現在は2日目が中央値で前後1日が要注意。

月曜日、火曜日、水曜日は、ことあるごとにノドに神経を集中して、

痛みの兆候がないか神経質にチェックしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

症状のある人はいなかったが、

コロナは発症の前日から感染力があるため、

もし、参加者にコロナの人がいたとすれば月曜日に何らかの連絡があるはず。

連絡があればうつっている可能性があるということ。

だが、月曜日の連絡はなし。

これでかなり危険はなくなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、常に心のどこかに

「いつ出るか」という不安を抱え生活する、

というのは、なかなかイヤなものです。

何となく、映画「エイリアン」を思い出したりして。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 丸々3日が経過し、無症状であるところを見ると、

どうも、コロナの感染はなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、不顕性感染を考えればきりがありませんが。

厄介な病気だなあ。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ