ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.02.16

浦和レッズのランドセル

Pocket

 インターネットでこんなものを発見。
alt7727-img600x450-1260785908cip0l614906.jpg
 おおー、これ欲しい、ってか子供にしょわせたい。
(まあ、うちの子、もうでかいので孫でも待つしかないか。)
 埼玉近辺の新一年生ではこのランドセル、結構いるのでは。
 思い返せば、わが子の時もランドセルはなかったが、
数々のレッズグッズを親の一存で強制的に身につけさせていた。
 時おりしもJリーグ開幕で巷に一大サッカーブームが起こっていたころ。
 Jリーグのチームをあしらった様々な商品が、世にどっと出てきた。
 JリーグカレーやJリーグチップスなどの食品類や、
時計、テレカ、食器、アパレル、貯金箱、レジャーシート、
高価なものから、販促グッズまで、
ともかく何でも「Jリーグ、つけとけ」、という時代でした。
 うちの息子も小学校に入った頃、友達もみんなはいてる「Jリーグシューズ」が欲しい、
というので、よっしゃ買ったろか、というわけで靴屋さんに行った。
 ずらっと並んだ、Jリーグ・シューズ。
 しかし、あるのは、「ヴェルディ川崎」「鹿島アントラーズ」そして「横浜マリノス」のみ!
「すいません、浦和レッズの靴ありますか。」
「ええと、店頭にはありませんので、お取り寄せになります。」
「取り寄せてください。」
 かくして、わが息子は小学校全校を通じて、ただ一人浦和レッズのJリーグシューズを履いていた。
 その後、息子が自転車に乗れるようになり、自転車を買いに行った時もそうだった。
 当時「パナソニック(ナショナル自転車)」がライセンスを取って「Jリーグサイクル」を販売していた。
「浦和レッズの自転車がほしいのですが。」
「ええと、お取り寄せですね、ちょっと時間がかかります。
こちらのヴェルディのでしたらすぐお乗りになれますよ。
形も同じですし。」
 ざけんじゃねえ、ヴェルディの自転車なんかのせるわきゃねーだろ。
と、心の中で怒鳴ったが、うわべは平静に、
「取り寄せてください。」
 これはかなり待たされました。
 なんせ、当時は人気チームといえばカズ、ラモスなどタレントぞろいの 「ヴェルディ川崎」 
木村和司、井原正巳、松永成立らを擁し二強の一角と言われた 「横浜マリノス」 
そして、世界のジーコを招へいしてリーグを席巻した 「鹿島アントラーズ」 。
 一方、浦和レッズといえば当時リーグ最弱の名をほしいままにし、
 「Jリーグのお荷物」 とまで言われたダメダメチーム。
 地元はともかく、この足利でレッズの商品が売れるはずもなく、
事実、周りで「レッズファンです。」なんて人には会ったこともなかった。
 ああ、うちの子も人知れず肩身の狭い思いをしたり、いじめられたこともあったかもなー。
 父としてスマン、とも思う。
 でも、信じていれば、きっと報われる、ってことも学んだのでは。
(今はどうしているやら、スタジアムにつめかけた 緑のレプリカ の人たち。)
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    失礼します。自分は鬱病と境界性人格障害を患って3年半になる26歳のシンと申します。充実したサイトに巡りあえて嬉しく思います。ブログは病気の為に良いと思い最近再開しました。弱小ブログなので色々勉強させて頂きます。お時間があれば一度私のブログも覗いてやって下さい。相互リンク希望なのですが、それは突然過ぎて失礼ですよね…すみません。
    http://blog.livedoor.jp/dreamcatchshin-zibunsagashi/
    内容的には日々の闘病記、今は仕事が出来ないのでネットの仕事話。過去のトラウマ。裏ネタ裏情報、日々の出来事を書いてます。
    突然のコメント失礼致しました。
    応援クリックして帰らせて頂きます。
    失礼致します。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ