ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.07

注射

Pocket

 新型コロナのワクチン接種で

毎日多くの人に注射していますが、

先日、2回目の方が痛かった、という方がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、多分、タマタマです。💦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皮膚には痛点という痛みを感じるポイントが

ランダムに配置されており、

針の差し口がそこに当たると痛い、

外れればそうでも無い、

ということになってるので手技の問題じゃないぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛点は1平方センチメートルあたり100から200はあるわけで

打ち分けは不可能。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉注射はあまり大きな技術的格差はないが、

血管注射や点滴となると、血管に入らなければならないので

技術の差がモノをいう、採血も同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国家試験に合格して大学病院に勤務すると

まずやってくるのが点滴、採血の試練です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市中病院では、点滴、採血は看護師さんの仕事ですが、

大学病院で慣例的にそれらは医者の仕事です。

私立医大ではどうか知りませんが、

少なくとも国立大学では今でもそうだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師さんは、学生時代に採血や注射の実習がありますが、

ワレワレが医学生にはそんなカリキュラムはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、病棟勤務になると、

朝食前の採血と、朝夜1日2回の病棟点滴は、

研修医にとってかなりのプレッシャーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入院中の患者さんは、いろいろな医者が順番に点滴当番になるので

どの先生が上手だとか、下手だとかは、常にチェックし、

また、大部屋の患者間でも情報交換が活発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな研修医が病棟に顔を見せると、

ベテラン(?)の長期入院患者さんたちによって

まず「値踏み」されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのセンセイは下手だ、という噂でも立つと、もう大変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学生のとき臨床実習で内科病棟の患者さんを受け持った時、

ベッドサイドに病歴を聞きに行きました。

「主治医は○○先生ですね。」

と、尋ねたら、訊いてもいないのに

「そう、あの先生、熱心で、やさしくて良い先生なんだけど、

注射が下手なのよねー。」

と、ひとこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大体大学病院の受け持ちは1年目の研修医です。

学生の時はその言葉は聞き流していましたが、

医者になって1年目、あの時の言葉が身に沁みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、ワタシは比較的早く上達したようですが、

こんどは点滴当番で病棟に行くと、

「あーら、今晩はセンセイで良かったー。

今朝の先生は3回も失敗したのよ。

先生はこの間のときは、1回ですーぐ入って全然痛くなかったのよー。」

などと大きな声で言われると、

これがまた大変なプレッシャーだったなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、話戻りますが、

新型コロナワクチンは筋肉注射なので、

一般には皮下注射のインフルエンザワクチンに比べ

痛みは少ないものです。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ