ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.10.14

沈黙の艦隊、観てきました。

Pocket

 九州の義父の一周忌で、週末は妻が福岡に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 土曜日の夜、一人で映画に出かけました。

あれ、このポスター、主演俳優の写真がない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パンフレットの表紙はこうなってました。

海江田、深町ときたら、3人目はスタイガー司令官ではないの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 公開から日がたっていて、足利では上映されていなかったので

太田のイオンシネマまで出かけました。

あれ、イオン、閉店した?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やってました。

拡大改装中らしく、

やっぱ太田の方が足利市より断然勢いがあるなあ。

ムカシは太田市には映画館もなく、

足利市には映画館がいっぱいあって、

みんな足利に観に来たものだったが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 開演は18時。

ネットで家でチケットが買えるようになったのは、

ありがたいなあ。

ムカシは開園時間も映画館に行くまでわからなかった。

教習所のビデオみたいに途中から入って、

また最初から、途中の観はじめまで観て退場、なんてこともあった。

立ち見も多かったが、今は席も予約できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、これだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご存知でしょうが、原作はコミック。

『モーニング』にて、1988年から1996年まで連載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 非常に面白い作品で、ワタシコミック全32巻持ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、原作を読んで、まさかこれが実写化されるとは思わなかった。

原作者のかわぐちかいじ氏も実写化は不可能、と思っていたそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は、ワタシもその出来栄えがチョー心配だったのだが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果的には、まあ、及第点かと。

「空母いぶき」よりはかなり良かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 映画評論の世界では「潜水艦モノに外れなし」

という定説があるとかないとか。

ワタシも潜水艦モノは大好きで

「眼下の敵」「深く静かに潜航せよ」「レッド・オクトーバーを追え」

などの傑作があるが

一番をあげろと言われれば「Uボート」かなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ストーリーが壮大で、しかも長編なので、

イントロのごく一部しか映画になっていないのは仕方がない。

2時間では、到底無理な話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャスティング的には、この大沢たかお氏、かなり海江田役にハマっていた。

大沢たかおで大丈夫か、と心配していたことだったが、

いい意味で裏切られた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、速水副長が女性になっていたのは非常に残念。

2020年に海上自衛隊に初めて女性隊員が勤務したことを受けてか、

はたまた昨今の性差別廃止に配慮したか。

まあ、男女の関係的な描写が一切なかったのでそこはよかったですが。

原作が男性なら男性の方がしっくりするような。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一番の見せ場は、もちろん潜水艦の戦闘シーンですが、

とくに原作読んでいてカッコイイと思った、

モーツァルトを流して、敵を欺くシーン。

ここで、映画館で大音量で「ジュピター」がかかるのは、

紙媒体のコミックだと表現できない、

映画ならではのシーンで、

ココ観るだけでも、この映画を観る価値がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 原作を読んだ1998年ころは、

まだクラシックに興味がなく

「ジュピター」や「ハフナー」がどんな曲なのか知らなかったが

今では聴きこんだメロディーなので、

その発見も新たな感動であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと、ベネット大統領、もうちょっと似た人いなかったですかね。

もう20㎏くらい体重がないと。

一番違和感があった気もする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小ネタですが、劇中で入江兄弟が興じていたのは「バトルシップ」ですね。

そういえばかつてエポック社のゲームで

魚雷戦ゲームとかレーダーサーチとかあったなあ、と思い出した。

ミニ魚雷戦ゲームは持ってた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本当は続編がないと尻切れトンボなんだけど、

難しいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ