ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.07.21

水分補給

Pocket

 連日の猛暑で最高気温は体温より高い37~38℃前後の予報がずらり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 毎日熱中症で救急隊は大忙しで、

熱中症で命を落とす方も、高齢者だけでなく

小学生の子供でも出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHKも以前は、

猛暑日なので屋外での活動は充分ご注意ください、

と言ってたのが、最近は

屋外での活動はやめてください、

との強いトーンになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、こまめに水分をとってください、

というのが決まり文句として繰り返されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、ワタシが小、中学校、高校の頃は

運動中の水分補給は禁止であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いまでは、まったく信じられないことですが、

かつては

運動中に水分をとるとバテる、

といわれ、部活や試合中の水分補給は

やってはいけないことになっていたんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今でも思い出す、あのツライ日々。(T_T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシは小5から足利市が運営する「足利サッカー教室」に入っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 足利市内の小学生から生徒を集め、日曜日ごとに練習。

練習は市営グラウンドでたしか午後1時から3時ころまでで、これは真夏も同じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 指導者は足利サッカー協会に属する中学、高校の体育教官、

まあ、スポーツの専門家だったわけですが、

真夏でも練習中の水分補給は一貫して「禁止」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなどは人一倍汗かきなので、夏場はキツくてキツくて・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後はツバも出なくなって口内はベトベト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、考えると、かなりヤバいレベルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当時は「科学的論理」より「根性論」が幅を利かせていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あの頃、適切な水分補給をしながらサッカーをしてたら、

もうちょっと上手くなったかもなあ。(-_-メ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、死ななくてよかったけど・・・・。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ