ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2023.09.09

歴史に残るフレンドリーマッチ

Pocket

 日本時間の9月9日未明に行われた

国際親善試合の日本対ドイツ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いやあ、あんなすごいゲームになるとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 強化試合といっても、昨年暮れにワールドカップが終わったばかりで、

4年後に向けてスタートを切ったばかりの各国代表チーム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のメンバー、システムで4年後のワールドカップを戦うわけではないので、

ここはチームの基礎づくり、小手調べ、という時期である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、今回に限って、ドイツ代表はそんな気持ではなかったはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨年のワールドカップ初戦で、日本に逆転負けをし、

前大会と併せて大会連続のワールドカップ予選リーグ敗退は、

4回の優勝歴を誇る王者ドイツにとっては、

屈辱以外の何物でもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フレンドリーマッチといいながら、

当然、今回は本気中の本気モードで、

ワールドカップのリベンジを果たしに来ていたはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが先制は日本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、この時点ではうっかり野良ネコにちょっかいを出して引っ掻かれた、

くらいの思いだったかもしれない。

伊藤純也のゴールも、非常に素晴らしかったが偶然性もあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 すぐ19分にドイツが同点のゴールを決めて見せた。

こちらは完全に崩して決めた偶然ではない「大人のゴール」で、

しかもこの同点ゴールにドイツの選手たちは特別喜ぶわけでもなく、

淡々としていた。

当然、この後、逆転でフルボッコにしてやる、

と思っていたに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジオ解説も、

追いつかれたが、前半は何とかこのままで失点せずに、

というニュアンスだったが、

次のゴールはなんとまたしても日本だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後の日本代表の戦い方は素晴らしかった。

ドン引きして閉じこもるのではなく、

ボールをつないでチャンスをうかがい、

デュエルでも決してひかず、むしろ優位に立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワールドカップの勝利の時とは、全く違う戦い方だ。

あくまで試合をリードし、自分たちのサッカーが出来ていた。

ピンチもあったが、より多くのチャンスを作り、

終了間際には試合を決定的なものにする3点目を、

鮮やかなカウンターから冷静に決めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、このまま終わるのかと思ったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、ロスタイムに4点目。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありえねー。

本気モードのドイツに、しかもアウエイ、ドイツの地で、

4-1で完勝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 フルボッコにされたのはドイツ代表チームだった。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もうワールドカップの勝利を奇跡的ということもない。

日本代表はドイツ代表と互角に渡り合って

力でねじ伏せるだけの実力をつけたのだ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本代表がドイツと初めて対戦したのは、

2004年の日本での親善試合。

その時は3-0でドイツが勝利しているが、

実はそれまで日本は弱すぎて相手にされず、

申し込んでもドイツが試合を組んでくれさえしなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本サッカーの父といわれるデッドマール・クラマー氏が

ドイツから日本に来たのが東京オリンピックを控えたⅠ960年。

それから63年、この試合をクラマー氏が見たら、

どんな感想を述べたでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おそらく、この試合は国際親善試合ながら、

日本サッカーの歴史に大きな意味を持つ試合になったかもしれません。

 

 

 

 

https://youtu.be/_dGahn1hnks?si=dcLAEtdNUqzPhgAf

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ