ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.02.18

格言

Pocket

 その分野、業界だけで通用する

「ことわざ」「格言」みたいなものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、サッカーでは

「後ろの声は神の声」

ということわざがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後方の選手は全体を見通せて視野が広いので

的確な指示が出せるのと、

人間は後ろに目がついていないので、

本人が気づかないうちに背後から迫る相手についても

後方の選手が注意を与えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、

「ゴールが見えたらシュートを打て」

という言葉もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手陣内でシュートを狙えるチャンスは一瞬なので、

それを逃さず、すかさずシュートを打て、

という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ワレワレ医者の世界で

医学生のころからたたき込まれることわざに

「女を見たら妊娠と思え」

というものがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 女性の患者は、たとえそれが

小学生であろうと、独身女性であろうと、

はたまたババア、もとい高齢の夫人であっても、

診断の過程で常に「妊娠しているかも」という考えを頭に入れていないと

思わぬ誤診や、医療ミスを起こすことになる、

という意味です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここ最近、保育園児から20代までの若者にコロナが急増。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 保育園児、小中学生くらいまでは

その生活範囲がほぼ決まっており

親も把握できますが

高校生や20代の若者となると、

これはどこで何しているかワカラナイ。

中には言えない付き合いもあったりします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 現状では軽症~無症状の新型コロナ感染者がいますから

問診の「会社、あるいは学校など周囲ににコロナの人がいますか」

という質問は、ほぼ無意味になってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コロナとの接触歴のない(と言っている)、

感染経路不明の若者から

どんどんコロナ陽性者が出ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今や

「若者を見たらコロナと思え」

外来診療を行う医者の新しいことわざになりつつあるようだ。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ