ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.05.02

栃木県内で新型コロナで合併症のない10歳未満の女児が死亡

Pocket

 オミクロン株になってから重症化例が少なくなり、

PCR検査の結果を電話連絡するときも

「PCR検査は陽性でした。」

と告げても、

「ああ、そうですか。」

といった、さしたるショックではないような受け答えが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、栃木県内で特に合併症のない10歳未満の女児が

新型コロナで亡くなる、というニュースが報道されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 詳細は不明ですが、新型コロナはやはり未知の病気。

このようなことが起こっても決して不思議ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 死因が肺炎でなく脳症ですが、

下気道の炎症を起こしにくいオミクロン株では、

デルタ株までのような肺炎による重症例は減少していますが、

脳症はインフルエンザもそうですが子供に起きやすいので

注意が必要ということでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに

ご遺族の方には心よりお悔やみを申し上げますが、

コロナ診療にかかわるものとしては、

一層気を引き締めて日々の診療にあたらねば、

との思いを新たにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ