ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.08

東京医大の不正入試問題、さらに。

Pocket

東京医大の不正に関しては、その後、

女子や多浪生への不利な配点なども出てきて大変ですね。

昨日も今日も新聞の一面です。

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも2006年から不正があった、ということが明らかになりましたが、

「少なくとも」というのは、その前も多分あるわけで・・・。

東京医大の学生、およびその出身者は今どんなことになってるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても、400点満点で最大49点の加算ってすごいですね。

たぶん、合格ラインには1,2点の間に

すごい数の受験生がひしめき合ってる中での49点加算。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に考えると、東京医大出身で、

親が東京医大ではなく、政治家や官僚にコネのない女医さんは、

ハンパなく優秀である、ということですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般の方は、入試で不正があっても、医師国家試験受けるので大丈夫、

と思ってるかもしれませんが、そうでもない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医師国家試験ではもちろん不正は通りませんが、

これは競争試験ではなく資格試験なので、問題そのものがかなり易しい。

普通に勉強すれば90%以上のヒトが通るわけで、

振り落とす試験ではなく、合格させる試験なのでだいぶ状況は違います。

しかも、何回受けてもいいわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワレワレは友人同士で自主的に「勉強会」というグループを作って、

国家試験の過去問題集をみんなで解きながら勉強しました。

大学は国家試験対策は学生に任せっきりで一切受験指導的なものはなかったのですが、

私立の医学部では大学の方から国家試験指導の時間や補講などもあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 文部科学大臣が全国の医学部の入試が公正に行われているかどうか調査指示、

とありましたが、ホントに調査したらヤバ過ぎで収拾つかないのでは・・・・。

それとも、内部告発が無い限り、

当学に関してはそのような不正がありませんでした、

というありきたりな報告になっちゃうのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、来年東京医大の「内定」をもらっていた高校3年生は、これから猛勉強ですが、

他の私立医大の「内定者」も取り消しになる公算が高い。

他の私立も過去の例はうやむやにできても、

今後ほとぼりが冷めるまで新たなリスクは犯さないでしょう。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ