ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.07.30

朝ドラ「なつぞら」

Pocket

 NHKの朝ドラは、ちょうど朝食タイムなので、

基本、毎日見てるわけですが、

現在放映中の「なつぞら」が、ちっとも面白くない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦後から昭和30年代の漫画映画製作の女性アニメーターが主人公なのだが、

これが、まったく「来ない」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 時代的には、朝ドラによくある時代設定で、

前作「まんぷく」や「ひよっこ」「とと姉ちゃん」などと重なるのだが、

なんか、全然、「昭和の匂い」がしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシなど、昭和を生きた人間としては、

「大阪万博」や「ビートルズ来日」や「三種の神器、3C家電」なんかが出てくると、

おお、と思うもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、昭和の風俗や、流行が取り入れられていると、

つい、見入ってしまうものだが、

「なつぞら」は現在昭和30年代だが、

出てくる人のなりは、まったく現代と同じ。

服も髪型も、顔かたちも「平成、令和の人」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、北海道のド田舎に行っても、

出てくる人がみな都会的で美男、美女ばかり。

草刈正雄さんのおじいちゃんはカウボーイにしか見えませんね。

やっぱりここは泉谷しげるさんあたりが、よかったのでは。

ヒロインの広瀬すずちゃんも正統派美少女だが、

なんかキレイすぎのような。

「ひよっこ」の有村架純さんは、

田舎の女子高生を演じるために体重を5キロ増やしたそうですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着る服が毎日違うのは、

下宿してるおでん屋さんの山口智子さんの服、という設定ですが、

昭和のニオイあまりしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このドラマは、朝ドラ100作目記念で、

歴代のヒロインがこぞって出演してるらしく、

それで、どこにいっても美人ばかりになっているようです。

なので、女優さんたちに「忖度」して思い切った脚本が書けなかったのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 プロ野球のオールスターゲームは面白いようですが、

サッカーのオールスターゲームは大変ツマラナイ。

野球は基本、ピッチャー対バッターの1対1対決ですから、

お相撲の「取り組み」みたいなもんです。

だが、サッカーはストライカーが10人いても試合にはならず、

つぶれ役や、汗かき役、けずり役、つなぎ役などが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だから、オールスターのドラマは、華やかだけど、

たぶん、ツマラナイ、のかなあ。

まあ、ファンにとっては「アイドル映画」としては楽しめるのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、この間、北海道に行ったとき月曜日にチラッと見たのですが、

朝ドラが始まる前に、広瀬すずさんが

「このあとは、なつぞら♥」

とかナントカいうワンカットが入ってた。

これは、北海道で放送するバージョン限定なんだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ