ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2024.01.29

月面着陸

Pocket

1月21日のトップニュース。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の宇宙船が月に軟着陸。

これはスゴイニュースではあるが、

どれくらいスゴイのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせJAXAは月よりずっとずっと遠くにあり、

ずっとずっと小さい小惑星まで

宇宙船を飛ばして、サンプル取って帰還してきたわけですから、

それができたのなら月に着陸なんてチョロいんじゃねーの、

と思うのはシロート考えなのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、ソ連、アメリカ、中国、インドに続いて5か国目、

というのもなんだかビミョーだし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソ連が「ルナ2号」を月に到達させたのはワタシが生まれた1959年。

最初は着陸でなく月に命中させる「衝突」であった。

「ルナ9号」で初めて月面着陸に成功したのは1966年2月3日のこと。

この時から宇宙船を壊さずに月に到達させるという意味で

「軟着陸」という言葉が使われたが、

これはもはや死語かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついでアメリカ合衆国の月着陸は

ソ連に遅れること4カ月の1966年6月3日。

その後、アメリカは有人月探査計画に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、中国が2013年に、インドが2023年に

それぞれ月に探査機を着陸させることに成功している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタシが小学生の頃、まだアポロ計画はスタートしておらず、

有人宇宙船の第2段階である船外活動を目的とした

ジェミニ計画の時代であった。

ランデブー、ドッキング、宇宙遊泳などの用語が連日メディアを賑わし、

少年雑誌の口絵や、特撮映画では、宇宙旅行が描かれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1968年の東宝映画「怪獣総進撃」の設定は20世紀末、1994年だが、

久保明がムーンライトSY-3号に乗って、何回も月基地と地球を往復する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンダーバードを製作したジェリー・アンダーソンの1970年の

実写ドラマ「謎の円盤UFO」の舞台は1980年だが、

月にムーンベースといわれる宇宙人侵入を阻止する基地が作られている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして有名なSF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」も制作は1968年だが、

ウインナ・ワルツの流れるパン・アメリカン航空のオリオン3型宇宙機が

宇宙飛行士ではない一般の乗客を乗せて宇宙ステーションまで運航しており、

さらに乗客はそこからシャトルで月面まで行けるのである。

むろん2001年に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生のワタシはそんな映画や雑誌に触れながら、

今から55年前の1969年7月に

アポロ11号の人類月面到達の中継をリアルタイムで見たのだから、

このペースで行けば、もう当然、大人になった月旅行ができるもの、

と信じて疑わなかった。

今思えば、なんてシアワセな少年時代だったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、今回のニュース。

2024年のこの新聞を55年前のワタシが見たら、

まず、ゼッタイ信用しませんな。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ