ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.11.04

最終節、引分けだが年間勝ち点1位を獲得

Pocket

 

11月3日文化の日、祝日。

 

 

 

 

 

 

 

 

Jリーグセカンドステージ最終節である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、最近「ゲン」のいい「かつや」で昼メシ。

pb030024

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は定番「カツ丼」と「とん汁」で。

pb030020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は昨夜から風邪で体調は最悪。

ロキソニンのんでのドーピング参戦である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月3日は「晴れの特異日」。

今日も素晴らしい晴天だが、やや風強し。

「本日天気晴朗なれど風強し」、決戦の日である。

pb030032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すでにセカンドステージ優勝は決めたが、肝心なのは年間勝ち点。

年間勝ち点首位であれば、チャンピオンシップをいきなり決勝から戦えるが、

ステージ優勝のみでは準決勝を戦わねばならない。

pb030036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大事な一戦に埼玉スタジアムのチケットは「完売」。

入場ゲートにも普段はみられない長い行列ができていた。

pb030039

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年もついにここまで来たか。

pb030040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は珍しく、メインアッパーでの観戦。

「513」はオレの誕生日だからラッキーナンバーだな。

pb030044

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがここはメインアッパーの一番北側の最上段。

後ろこんな感じでビュービュー北風が吹き付け、サムイ。

pb030071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年間勝ち点はレッズが首位だが、2位川崎フロンターレとの勝ち点差はわずかに「1」。

ということは、勝てば問題ないが、

引き分け以下の場合、川崎が最終戦に勝てば年間順位がひっくり返る。

pb030049

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前節、前々節は新潟、磐田と降格圏争いの下位チームだったが、

今回の相手は横浜Fマリノス、そう簡単に勝たせてくれる相手ではない。

pb030060

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大一番にはからきし弱いレッズであるが、はたして今日は「大一番」なのか。

pb030057

 

 

 

 

********************************************************************************************

2016年J1セカンドステージ最終節

浦和レッズ   1-1    横浜Fマリノス (埼玉スタジアム2002)

  (前半   0-0)

  (後半   1-1)

********************************************************************************************

 

 

 

 

今日はタイトルのかかった試合ではない。

勝って年間首位になることにより、タイトル奪取にはかなり優位になるが

ここで、タイトルが決まるわけでもない。

pb030062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に年間首位を逃したところで、タイトルの可能性が消えるわけではない。

 

pb030064

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということなのか、レッズの選手たちの動きはまあまあであった。

気になる他会場の結果だが、トナリのオジサンがスマホみて

ありゃ、もう川崎点とったで、と会話しているのを小耳にはさむ。

pb030065

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、ここは引き分けではダメだ。

だが、マリノスの堅守にはばまれゴールわることができずハーフタイム。

pb030067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハーフタイムの他会場、気になる等々力競技場は

川崎フロンターレがガンバ大阪に対し2-0とリード。

ああ、やっぱり・・・・。

pb030066

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、レッズの選手は落ち着いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波状攻撃を繰り返し、ついに後半21分。

関根のシュートのこぼれを柏木がゲット!

pb030076

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに相手ゴールをこじ開けた。

pb030081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレで、年間首位、いただき。

pb030087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70分ミシャ監督は青木を入れ、柏木を一枚あげる。

pb030088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の入場者数。5万6千人がレッズの勝利を確信しかけた。

pb030093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、残り5分、失点。

pb030094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

相手外人フォワードにかっさわれて、持ち込まれてのゴール、3回目だ。

pb030095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなくロスタイムへ。

pb030097

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早く、早く、攻めなければ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、意外なことにGK西川は、時間をたっぷり使ってボールを裁きはじめた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柏木も相手コーナーフラッグの近くでボールをキープし、時間を使っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、もしかして・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合終了のホイッスル。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタジアムは、その後の成り行きを見極めようと、不思議な沈黙に包まれた。

 pb030100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お、レッズの選手が喜んでいる?

 pb030101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その直後、スタジアムMCの朝井夏海さんから

「レッズ、年間勝ち点首位を獲得しました」

の、アナウンスがありスタジアムは一気に歓喜に沸き立った。

 pb030103

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マジかー、何が起こったんだ?

となりのオジサンが携帯みて、ガンバ勝った、フロンターレ逆転負けだ、と。

思わず斜め後ろの席の知らないオバサンとハイタッチをしたワタシ。

 pb030105

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おお、ホントだ、信じられないことが起こっていた。

 pb030109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 年間勝ち点首位はワンステージ制なら年間優勝なのだが、

現行のレギュレーションではチャンピオンシップを勝たねば

リーグタイトルを取ることができない。

 pb030113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今度こそ、正真正銘の大一番。

レッズはあと残された最後の一段をのぼってチャンピオンのシャーレをかかげることができるだろうか。

 pb030114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつもの最終節とは全く違ったホーム最終戦であった。

 pb030118

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ