ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.18

明るいニュース


連日ウイルス関連のニュースでは、ちょっと暗いので、

ひとつ、明るい話題を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年秋から、急激に明るさを失っていた、

オリオン座の一等星、ベテルギウスが、

ここにきて明るさを取り戻しつつあるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イキナリ、星の話?

しかも明るい、ってそっちの明るさかよ、

と、突っ込みたくなる皆さんの気持ちももっともですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、この話題は昨年から気になっていたもので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の秋からベテルギウスの明るさが急激に衰え、

もともと0.42等級くらいの明るい星だったのが、

徐々に暗くなり1.5等級を割り込んで、

一等星から二等星に降格か、という話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考までに星の明るさは対数スケールの「等級」で示され、

1.5等級より大きいものを「一等星」、

1.5等級から2.5等級より大きいものを「二等星」などといいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリオン座は北半球で見ることのできる星座の中では

唯一、一等星を2個持つ星座でした。

(もう一個は0.13等級のリゲル。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、まさかの「降格」とは・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それは恒星の寿命の末期である赤色巨星であるベテルギウスが

いよいよ超新星爆発を起こす前兆かもしれない、との説に、

にわかに色めき立ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超新星とは夜空に突然出現する明るい星として観測され、

1006年の4月、-7.5等級という歴史上もっとも明るいとされる超新星が

世界各地で観測され、記録が残っている。

日本は平安時代で「新古今和歌集」の藤原定家が、

「客星」として記載しているそうだ。

月の4分の1ほどの明るさで昼間でも見えたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なので、超新星爆発をこの目で見られるか、と期待していたので

明るさが復活した、というのは、

必ずしも明るいニュースではなかったりしますが・・・・。(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ650光年の距離にある星なので、

今見ている現象は650年前の出来事なんですよねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 広大な宇宙のことを考えると、

日常のストレスが些末なものに思え、少し解消されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ