ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.07.06

旬なストライカー

Pocket


 さて週末はアウェイの山形戦。
しかし、夜は我がバンド「CRP」のライブがあるので山形には行けない。
そればかりか、ライブの時間と重なるので今期初の録画観戦となった。


 2009年J1第16節
  モンテディオ山形   2-3   浦和レッズ  (山形NDスタジアム)
          (前半  1-1)
          (後半  1-2)


 
 出かける前に録画のセットを3回は確認した。
ライブのあとはもちろん果てしない飲み会になるので、
試合を見たのは日曜日の朝9時から。
「日曜討論」の時間だ。
 さて今節は暢久の出場停止もあって、10代の選手が目白押し。
レッズの平均年齢もずい分若返ったものだが、
その中で存在感を見せたのは最年長組の高原とポンテだった。
 前回「スシボンバー復活の兆し」で書いたように高原は今度こそ復活してきたぞ。
後半開始後の2点目の角度のないとこからの強引なシュート。
これですよ、これ、ストライカーは。
 入るかどうかわかんないけどとりあえずシュートだああっ。
 この姿勢が足んなかったんだな。
その意味ではその後同じような形でシュートチャンスがあったときクロスあげちゃったのは
いただけませんでしたが・・・。
 しかし3点目。
闘莉王の多分間違いなく「シュート」に頭を出したゴールハンターとしての本能が
モノにしたゴールですね。
 現代のサッカーでは早々チャンスはないので、フツーあれは入んないだろ、
というゴールをいくつモノにできるかがフォワードの価値だ。
日本代表のワールドカップ出場を決めたウズベキスタン戦の岡崎のゴールも
狙ってできるものではない。
偶然があるんだけど、その偶然を呼び込む必然を持つのが
「旬な」ストライカーだ。
 実は、録画で見ていてちょうど3点目の高原のゴールが録画されてなかった。
その晩、足利では雷があったようで、
雷雲のためスカパーが一時的に受診不能になってしまったらしい。
 2点目の同点ゴールを決められて、なんだよー、と思ってるうち、
急に画面が止まって、その後モザイク様になった。
おお、やべーと思っていたら、突然復旧し画面に3-2のスコアが。
だから、タカのヘッドは試合終了後のハイライトで見たわけだ。
 まあ、逆でなくてよかったけど。
 画面ついたら、いつの間にか負けてる、じゃあ納得いかねーぜ。

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    ライブお疲れ様でした。
    足利は雷雨だったのですか。山形は試合前にちょこっと降られた以外は曇りで、涼しくて良い環境でした。そんな中で勝てて良かったです。
    高原の3点目は、シュート性のボールを頭に当てたような形で、一瞬「オオッ!?」てな感じでした(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     山形ご苦労様でした。
    高原のヘッドはよかったです。
    スカパーで女性インタビュアーが
    「闘莉王のキックによくあわせましたね。」
    「いや、あれはシュートですね。」
    「では、そのシュートによくあわせましたね。」
    「(何言ってんだこのバカ女は、だからシュートなんだから)
    あわせるも何もシュートがワク行ってなかったんで頭出したんで。」
    というようなやり取りが面白かったです。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ