ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.10.21

日清どん兵衛、東西対決

Pocket

 

 人間ドックが終わるのを待って(!)ある実験に取り組んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東西どん兵衛食べ比べ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 良く知られていることだが、日清どん兵衛は西日本と東日本で味が違う。

パッケージに「E」とあるのがいつも食べている東日本版。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「W」とあるのが西日本版である。

この間学会で山口に行ったおり、コンビニで買ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく見るとカロリーや成分も若干違う。

わずかであるが東版の方が西に比べて

カロリー、タンパク質、炭水化物が高いが、脂質、塩分は低くなっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スープパックの色が違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お揚げは同じみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の目的は「食べ比べ」である。

以前も西日本どん兵衛は買ってきて食べたことがあったが、

単品で食べるとよくわからないので、

一気に2杯を交互に食べることにした。

こんな、不健康な実験は人間ドックが終わってからにしようというので、

今日まで待っていたが、西日本版のどん兵衛の賞味期限が若干切れてしまった。(^^;

同時にお湯を注いで、しばし待つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はいわゆる「10分どん兵衛」でいってみる。

注)「10分どん兵衛」とはマキタスポーツ氏の発案で

日清どん兵衛はメーカー側の提唱する5分よりも

10分待った方が美味しくなるという食べ方である。

これについては日清食品側も公式にその事実を認めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ふたを開けると・・・

スープの色が全く違います。

上が東日本版、下が西日本版。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 味は、やはり東版はしょうゆの味、西日本版はだしの味というか、塩の味。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には西日本版はどうもしょっぱくて、コクが無く、

東日本版のほうが、断然オイシイと思いました。

まあ、これが関東人の「好み」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段はスープを必ず飲み干すのですが、

今回は全部飲むとさすがに塩分多そうなので残しました。

こうしてみると違いが歴然。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日清どん兵衛、最近はこんな広告展開をしてるそうで。

いわゆるマンション風広告。

 

 

 

 

 こちら、関西版。

熱湯5~10分圏内、と「10分どん兵衛」を明記していますね。

1DON2Kはもちろん1LDK  とかにかけて、

1つの丼にカマボコ2枚入っていることらしい。

上のワタシの写真でも、カマボコは東西とも2枚であることを確認している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすが日清食品、やるなあ。

また、どん兵衛、食べたくなった。と、ここまで書いたら、思い出しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以前もこんな「実験」をやっていた。

9年前のブログですな。こういうの、好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ