ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.10.12

新型コロナウイルスの年の就学時健診


 NHKの「あさイチ」の特集は

「コロナ禍でマスク習慣になって出る顔のたるみを解消」

というような内容でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナウイルスも、だいぶ日常化してきたものと見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3月、4月のテレビではマスクといえば

「新型コロナウイルスから身を守るための正しいマスクのつけ方」

とか

「マスクが手に入らないときの自作マスクの作り方」

みたいな特集ばっかりだったが、

それらに比べるとだいぶのんびりしたテーマになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日は小学校の就学時健診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふだんの学校健診と違い、

就学時健診は保護者同伴なので、

親御さんに一緒に部屋に入ってもらい、

子どもに何か気になる症状はないか訊くことにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いろいろなお母さんがいて、

その出で立ちも子供を診察する情報になるのですが、

さすがに今年は全員マスク着用でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、一人だけ、マスクのほかに

フェイスシールドをつけたお母さんがいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと緊張。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん器械は一人ずつ替えていますし、

子供さんの診察は1分以内で、

直接触れるわけではないので、

感染の可能性は極めて少ないですが、

ゼロではない。

万一気にするヒトだったらどうしようと・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 幸い、何事もなく済みましたが、

悪いことをしてるわけではないのに、

こんな思いをするとは・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒトの価値観は様々で、

新型コロナウイルスに対する考え方も様々、

フェイスシールドをどんな考えでしているかは不明ですが、

子供さんが必要以上に神経質にならなければいいな、

とは思いました。

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ