ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.03.16

新型コロナウイルスに対する患者さんへの対応について


 本日、医師会から緊急の書面がまわってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その通達により、今後しばらくは

インフルエンザの迅速検査は行いません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザの方との接触が強く疑われる場合は、

検査をせずに抗インフルエンザ薬を処方します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、明らかな接触歴のない方については、

クスリは無しか、あるいは対症薬(解熱鎮痛剤、セキ止め等)のみ処方します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もちろん、溶連菌感染症、扁桃周囲炎、急性喉頭蓋炎など

抗生剤や緊急処置が必要な発熱を除外しなければなりませんから

その診察、検査は致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そういった疾患がなく、

熱が下がらない方は、当院では対応しかねますので、

保健所、安足健康福祉センターに直接連絡を取り、

指示を仰いでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 医師会ではインフルエンザ検査をする際には

ゴーグル、N95マスク、アイソレーションガウン、

キャップ、ゴム手袋を着用し、

それらをすべて密封し感染性廃棄物として処理せよ、とのことですが、

そういったものを供給してくれるわけではないので、

これは、検査するな、との命令と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、近隣の大泉町で、

開業医の先生が新型コロナウイルスに感染し

重症でICU入院中だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさに明日は我が身であり、

この先生の一日も早い回復をお祈り申し上げますが、

この件につき群馬県知事が「遺憾である。」という発言をしたことは

誠に「遺憾」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染の恐怖を常に感じながら

患者さんのために尽くし、

自らも罹患してしまった医師に対し

政治家は「遺憾」としか言えないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 通常の風邪はもちろん、

花粉症などでもこの時期微熱やセキが出ます。

明らかな接触歴がないのに、

微熱とセキだけで医者が全員仕事を休んだら、

我が国の医療は崩壊してしまうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2件のコメント

コメント/トラックバック (2件)トラックバック用URL:

  1.  心中お察しいたします。医療最前線の皆様への拡大が抑えられますよう祈念しております。

  2. コメントありがとうございます。
    医者や看護師は兵隊なのかと思ってしまいます。
    こんな扱いを受けるなら仕事休みたいです。

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ