ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.11.09

新型コロナに罹ってみて

Pocket

 そんなわけで、ワタシもついに新型コロナに罹患してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 感染経路は、日曜日に発症した副院長からで、

副院長は、おそらく金曜日に診察した患者さんから

うつったものと思われるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 金曜日は翌土曜日が休診のこともあって、

クルマで待機した患者さんをそのままPCRというわけにいかず、

上に上がって診察したときにもらった可能性があります。

やはり暴れる子供さんを診るのはアブナイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、つくづく感じたのが、新型コロナとインフルエンザの

感染のタイミングの違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、インフルエンザは発症後に感染力のピークを迎えるのに対し

新型コロナはその前日に感染力のピークを迎える。

この-1日は専門医講習会で

朝から晩まで、妻と一緒に過ごしたわけで、

しかもその間、彼女はずーっと無症状。

コロナ感染のポイントは距離と時間ですので。

これは、うつるわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つくづく、新型コロナオミクロンとは、完成度の高いウイルスだ。

敵ながらあっぱれ、といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻の陽性が確認されてから、

ワタシは月、火とまったく無症状だったので、

これは、発症しないかも、

と思っていたら、火曜日夕方から発熱。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初はノドのいがらっぽさから、

何となく倦怠感を覚え熱を測ると37.2℃。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこから、2,3時間のうちにあれよあれよという間に

38.4℃に上がり、ハンパない倦怠感と全身の痛み。

インフルエンザのときによく似たような、

身の置き場がないような激しい全身症状でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 妻は、月曜日に40℃から下がらず、

セキもひどかったですが、

ワタシはセキはそこまでではありませんでした。

まあ、症状は発症2日目が最も強いので

これからどうなるかわかりませんが。

感染、発症経過のインターバルがちょうど2日間、

というのもよくわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ熱は38.6℃で、

ともかく、ひたすら、寝てます。

もういくらでも寝られる。

ロキソニンがそこそこ効くのがアリガタイが、

切れるとまた激しい全身症状が襲ってきます。

今のところ、嗅覚、味覚障害はありません。

どうせなっちゃったのなら、

このコロナの症状を身をもって体験し、

今後の診療に役立てたいです。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ