ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.01.13

新型コロナでインフルエンザが絶滅

Pocket

新型コロナウイルスの世界的流行の中、

気になるニュースがありました。

コロナの世界的流行の陰で、

B型インフルエンザの山形株が「絶滅」したらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくつかの種類があるA型インフルエンザに対し、

B型インフルエンザは1種類ですが、

ビクトリア株と山形株の2系統があります。

山形株とは1988年山形市内の3歳児から検出された

「変異株」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のインフルエンザワクチンにも

A型2種類、B型2種類が混合されており、

B型はビクトリア系統と山形系統が含まれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来シーズンのインフルエンザワクチンは

B型はビクトリア系統だけになるのだろうか。

値段が3/4になるっちゅうことはないだろうが・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 インフルエンザウイルスの絶滅に関しては

かつて主流であったH1N1のソ連型が、

2009年に発生した新型インフルエンザ

H1N1 pdm09の登場によって

置き換わり、絶滅したとみられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またA型についてもH3N2、いわゆる香港型の

亜株である「3c3.A」も

昨年3月以降検出されておらず、

絶滅の可能性がある、との報告もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそもウイルスは、細胞外では生きられませんから、

何かに感染していないと死んでしまいます。

今後、感染対策が持続、徹底すれば、

ほかのインフルエンザも、そのうち絶滅の可能性もある?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、まれにアザラシに感染するものの、

ほぼ宿主がヒトに限られるB型はともかく、

A型、とくにH1N1は水禽を中心とした宿主の種類が多いので、

さまざまな水鳥の体内で命脈を保つだろうから、

なかなか絶滅はしないでしょう。

すべてのカモがマスクすれば話は別でしょうが。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ