ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.04.02

新元号は「令和」

Pocket

 新元号は「令和」だそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「平成」の時はテレビで見た気がするけど、

今回は、スマホのニュース速報で知るんだろうなあ、と思っていたが、

やはり午前中の診察時間中に、机の上のiPadに

「新元号は『令和』に決定」との速報が出た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初に思ったのは読みは「りょうわ」?「れいわ」?

ということだったが、「れいわ」なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 令は、命令、号令などの「言いつけ」の意味、

条令や法令などの「おきて」の意味、

県令などの「長、おさ」の意味、があるので、

なんとなく上からの押しつけ感があってちょっと気になるけど

令息や令嬢などの「りっぱな、よい」という意味もあるので

まあいいかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、元号なんて一種の「記号」なんで、

何でもいいっちゃ何でもいいですよね。

書きやすくて、間違いが無ければ。

 

 

 

 

 

 

 

 今のところ「れいわ」入力するとこんな感じなんですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スマホだと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「平成」も最初は違和感があったけどじき慣れましたけど、

「令和」も、すぐ慣れちゃうでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 次期天皇、現皇太子の徳仁親王は、

おー、死後、オレは「令和天皇」と呼ばれるんだなあ、

と思われたことでしょう。

新元号の決定をある意味、日本一気にかけてた人かもしれませんが、

感想を伺ってみたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「天皇」がつくと「平成天皇」より「令和天皇」の方が、

かなりしっくりして、カッコイイ感じなので、

本人は気に入ってるような気がしますが。(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 いずれにせよ、新しい時代「令和」が

「平成」に続いて我が国に戦争のない、

平和な時代になることを、強く祈念します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ