ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.06.29

(新ルールで)ワールドカップ史に新たな歴史を刻んだ日本代表(^^;)

Pocket

ここまでの流れで、マスコミはじめ社会の風潮は

すっかりもう日本が決勝トーナメント進出を決めたような口ぶりだが、

いやいや、そんなに甘いもんじゃないワールドカップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツだって予選グループで敗退するなんていう大番狂わせもあるので、

何が起こるかワカラナイ。

いや、日本が決勝トーナメント進出なら大番狂わせなので、それでいいのか、

などとあれこれ考えるうちに午後11時がやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 西野監督は何とスタメンを6人も入れ替えてきた。

しかも、川島はそのまま。(@_@)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この布陣はナゼ?

なにか、大胆な秘策あり?

それとも、思い出づくり?(高校野球かっ)

相変わらず「?」の多い西野采配。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ロシアワールドカップなので、ともかくウォッカでも飲みながら。

だが、このウォッカはフランス製でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここまで1勝1分けで、この試合引き分け以上で決勝トーナメント進出の日本、

いっぽうすでに2敗して決勝トーナメント進出の見込みは無くなった

ポーランドのエース、レヴァンドルスキは

3連敗で母国に帰るわけにはいかないという。

じゃあ、ここはお互い、引き分けで手を打ちません?と相談を持ち掛けたくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポーランドはさすがに元気が無く、前線からは取りに来ない。

日本は、何とかいけるような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半はスコアレス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんせ相手はFIFAランク8位。

日本は60何位だっけ、引き分け引き分け、よしよし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ポーランドも、それほどガツガツやる気は無いが、

フリーキックだけはモチベーションが上がるので要注意だなあ。

などと思っていたら、後半14分、不用意なファウルで相手フリーキック。

 

 

これを、ナントフリーの選手にボレーで合わせられ失点。

決めたのはディフェンダーの選手。

だから、こういうセットプレーは怖い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、このままでは日本敗退。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ポーランドも、勝てるもんなら勝っておこう、という気になり

なかなかムズカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところが、もう一方のセネガル対コロンビアで

コロンビアが後半29分に1点取ったという情報がはいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とすると、勝ち点6でコロンビアが首位、

セネガルと日本はともに勝ち点4、得失点差も同じ、総得点も同じ、直接対決はドロー、

そこまでは、今までも良く知られたレギュレーションであるが、ここまで全く差が無い。

で、次の条件は、何かと思えば、なんとイエローカードの枚数だという。

このルール、いつからあるんでしょう。

ともかく、それを適用すると日本の方が2枚少ないので勝ち抜け、らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この情報をおそらく後半37分に入った長谷部がピッチの選手に伝えたようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、ロスタイムを含めた10分以上、

日本は点を取りに行くのをやめ、後方でボールを回し始めた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ロスタイムになり、まだまだ時間はあるが、攻める気全くなし。

ポーランドも、1-0で勝つならそれでいいやと、

こちらも攻めてこない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こういうボール回しは今までもワールドカップでよく見ました。

しかし、その時は、例えば、当該チーム同士が引き分けで両方勝ち抜ける、みたいな

双方のチームがもう結果間違いなし、というときにとる策。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回、他会場でセネガルが1点取れば、すべて崩壊するので、

これはかなりのギャンブルだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ということで、チャンネルを切り替え、NHKに。

こっちはロスタイム4分、まだまだある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、日本対ポーランドは3分のロスタイムも消化して0-1で終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまたNHKに。

ここにきてチャンネル切り替え忙しい。

セネガル、攻めてるー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あと9秒。

あのバルデラマ氏も日本とともにコロンビアの勝利を願っている。

あの髪、今も地毛なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくしてコロンビア対セネガルは1-0でコロンビア勝利。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 また、こっちに切り替え。

まさに薄氷を踏む勝利であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 セネガル監督、そりゃクヤシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら、この「フェアプレー・ポイント」は今大会から初めて導入されたとのこと。

日本は初めてこのルールによって予選を勝ち抜いたチームになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合開始前にラモス瑠偉さんが、

「イケ、日本!レキシをツクレ!」

といったが、まさに日本は

「フェアプレー・ポイントで初めて予選突破」

というワールドカップ史に残る記録を作ったことになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 NHK解説の元日本代表、いつも怖い顔の森岡さんも苦笑い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、ともかく、おめでとうございます。

それにしても、西野監督、私生活でもギャンブル好きなんだろうか?

今回の大バクチはシロートとは思えねー。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ