ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.06.30

敵地で蔚山を撃破し、準々決勝へ

Pocket

 学会で名古屋に行ってた関係で、試合を見たのは翌日の夜であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ホームゲームで1-2と2点のアウェイゴールを献上したレッズは、

2点差以上、あるいは3点以上取っての勝利が突破条件。

これは、かなりキビシイという戦前予想であった。

 

***********************************************************************************

2019年アジアチャンピオンズリーグ ノックアウトステージRd.16 第2戦

 蔚山現代    0-3     浦和レッズ  ()

      (前半 0-1)

      (後半 0-2)

***********************************************************************************

 しかし、蓋を開けると、戦前にイメージしていた状況とは多少違う点が明らかになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 韓国サポーターは日本チームに対して刷り込まれた敵対心を持っており、

アウェイゲームでは、そのスタジアムの雰囲気が、

アウェイチームにとってかなりのプレッシャーになることが予想されたが、

なんと、スタジアムはガラガラ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先日のマッチデープログラムの情報で、

蔚山現代はチームとしては強豪だが、集客力がなく、

熱烈なサポーターはあまりいない、との情報があったが、

これはあまりに寂しすぎる。

レッズの場合、ウィークデイとはいえ天皇杯の2回戦でも

もうちょっとお客さんはいるんじゃないかと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 レッズのサポーターは例によって、かなりの数が韓国入りしており、

勢いでは完全に圧倒していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 くわえて監督は、アウェイゴールを許さず、

逃げ切ろうという守備的作戦を選択した。

自陣に引きこもり徹底的にレッズの攻撃からゴールを守る作戦だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、今のレッズはこの間までの点の取れないレッズとは違う。

大槻組長に率いられた戦闘集団だ。

「ぜったい、敵のタマ獲って来いや。いてもうたれ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (本当にそういったかどうかは知らないが)

この掛け声に、次々と積極的な攻撃を仕掛けるレッズ。

蔚山はそれほどカウンターを狙ってくるわけでは無く、

ともかくグローブを上げて、ガードを固める構え。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、相手ガードをかいくぐって相手顔面に強烈なパンチをヒットさせたのは

浦和のエース、興梠慎三であった。

とりあえず、最初のダウンを奪った形。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 トータルスコアは1-1のイーブンだが、

アウェイゴールの関係で、まだこのままではレッズは敗退である。

組長の目はキビシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、状況は大きく異なる。

次の1点が浦和に入れば、2-0で勝ち抜け、

その後1点取られても延長になるだけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、蔚山の監督は戦術を変えなかった。

アウェイゴールにかけたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、浦和に有利な条件がもう一つあった。

試合開始後から激しく降り続くこの雨である。

雨のゲームはミスが起こりやすく、守るチームは神経を使い、

攻めるチームに有利である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 よく粘った、蔚山であるが、後半35分に貴重な2点目を奪たのは

またしても、この男、30番の興梠であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これで、2回目のダウンを奪い、勝利の天秤は大きく浦和の方に傾いた。

次に1点を取られても、延長戦になるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大槻組長は、雨で曇るメガネに飲み水用のペットボトルの水をかけていたが、

とうとうメガネをとってしまった。

迫力あるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、組長の取った作戦は、ひたすらこの点差を守り切ることではなく、

ある程度バランスをとったうえで、カウンターで相手を脅かせ、というものであった。

そのために起用したのが、杉本健勇である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、杉本はその仕事をこなした。

杉本の丁寧な落としに、

勝負を決定づけるシュートを決めたのが、エヴェルトンであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 後半43分のゴールで相手は完全にノックアウト。

蔚山が勝つためにはロスタイムを入れて5分程度の残り時間で

3点を取らなければならないからである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここからは、

さながら立ち上がってファイティングポーズをとることができないボクサーに、

レフェリーが目の前で10カウントをとるようなものである。

試合は、このまま終了。

韓国の選手やサポーターがベンチや観客席から飛び出して

暴力行為を仕掛けることもなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かくして、劇的な逆転勝利でベスト8に勝ち上がった浦和レッズ。

このラウンド16をトータル180分のゲームと考えれば、

大槻組長の不敗神話は、まだ続いているともいえる。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ