ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.07.24

指きりげんまん

Pocket

 
金曜日。
ただでさえ夏の耳鼻科はヒマなのだが、金曜日の夕方、しかも天気が悪いとあって
外来は、ほぼ時間通りに終わった。
 さて、これからプールでも行って、ひと泳ぎしてくるか。
夕食まで時間があるので、なんかつまもうと台所へ。
 沢庵の漬物の袋があったので、これでも食べるかと袋を開けようとした。
 包丁の先で袋に穴を開けようとして、あっと手が滑ってしまった。
「いってえー。」
と、見ると、左手の人差し指がバックリ。
真っ赤な血がドクドク出て来る。
 「うおー、やべえ。」
 水で流して、ティッシュで圧迫止血。
 しかし、15分押さえてもとまらない。
子供を塾に送って戻った妻に助けを求める。
 「あたし、指とか苦手で。首から上なら縫ってあげるけど。」
などとつれないことをいうので、
「ブラックジャック亀井」ことフットサル仲間の外科の亀井先生にSOS。
 何とか頼んで、時間外で診てもらえることになった。
 妻の運転でクリニックに行くと、家族全員で待っててくれた。
 「あー、こりゃ縫わないとダメですねー。血が止まんないです。」
ってことでナート(縫合)してもらうことに。
 流水で洗うと、死ぬほど痛い。
躯血して、消毒、麻酔。
あー、こええよー。
縫ったことは数え切れないほどあるが、縫われるのは初めてだ。
 「先生、傷見ますか?」
と尋ねられるが
 「見ません。」
ときっぱりひとこと。
 「がんばってくださいね。」
亀井先生の奥さんは元オペ室のナースだという。
 た、助かるかもー。
 てなことで、4針縫ってもらって、美人の奥さんに包帯巻いてもらって、無事生還しました。
 亀井先生とそのご家族の皆様、ホントにありがとうございました。
(8歳の長男のお子さんも懐中電灯もって術野を照らしてくれてました。)
 やっぱ、急患で診てもらえるって、ありがたいことだ。
今後も、ウチもがんばって、また急患診なくては、と思ったりもしました。
 それにしても、ライブのあとでよかった。
左の人差し指が怪我ではギター弾けないすもんねー。
 今度から沢庵の袋は必ず「ハサミ」で開けます。
 約束します。
 ゆーびきった。
 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ