ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2011.07.19

拾ったドロー、落としたドロー

Pocket


 祭りにかまけて、Jリーグもなでしこジャパンも見ずに
ライブの後飲んだくれていたが、
録画を見てレッズの選手が喪章をつけていたので、
なんだなんだと思ったら、なんと森孝慈氏が亡くなったという。
 おお、ショック!
 森氏といえば浦和レッズ初代監督で、
三菱自動車を浦和レッズとしてプロ化するために
大いに働いた人として知られるが、
私としては、現役時代、三菱重工の中心選手として
杉山隆一とともに栄光の歴史を築いた人としての印象が強い。
 御冥福をお祈りいたします。


 2011年J1第5節
  ジュビロ磐田    1-1     浦和レッズ   (静岡エコパスタジアム)
        (前半  0-1)
        (後半  1-0)


 震災の影響で日程が乱れたが、
この試合で全試合のちょうど半分になったらしい。
 もう、半分終わっちゃったんだ。
 試合は、前節の縦ポンではなく、最終ラインからビルドアップする形に
明らかに変えてきたレッズ。
 その意図するところは?
 ジュビロは前線から早めのチェックを入れてくるので、
ビルドアップしようにもボールの出しどころがなく、
後ろで回すだらだらしたサッカーだった。
 しかし、そんな中で徐々にチャンスを作り
柏木の久々のゴール!
 最近、ちょっとスタメン落ちしてたりいたので、
これを機会に調子あげてほしいところだ。
 新加入のガイジン、えーとなんとかビッチも、
がっちりした体のわりにシュートに行くのが早い。
 今後きっちり仕事してくれそうで楽しみだ。
 ボールに触れてからシュートに行くまでの早さは
ストライカーの命なんだよ、高崎君!
 それで、そのまま1-0で終われば、問題なかったのだが・・・・。
 スピラもオーストラリア代表とはいえまだ若者。
 奥目の東洋人に前半から再三ヒジくらって、ケガまでして
何となく沈着さを欠いていたのかも。
 前田のしたたかさにやられた、って感じ。
 まあ、ロスタイムのPKは名古屋戦の裏返しになったわけだが、
拾った勝ち点1よりも失った勝ち点2のほうが、そりゃヘビーなんだなあ。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ