ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.05.29

担任の「おふれ」

Pocket

 忙しい健診シーズンはほぼ終わり、
あとは6月に、高校の健診に3回行けばいいだけ。
(まだ3日もあんのか。)
 中学、高校と違って、小学校は基本的に担任の先生が殆ど全教科を教えるので
クラスの雰囲気ってのが、担任によって違うなーと感じます。
 あー、このクラスはうまくいってんなー、とか、
逆に、ダメだなー、とか。
 子供のころはわかんなかったけど、
それはクラスメイトではなく「担任」のファクターが多いような気がします。
 いい感じのクラスは担任がいい感じの先生で、
困ったクラスは担任がダメダメだという。
 さて、ブログの拍手コメント欄に、こんなコメントをいただきました。


いつも楽しく拝見しております。今日は娘が、小学校の耳鼻科検診でお世話に
なりました。「ロックンローラー兼オグジビの院長先生」という予備知識があ
る娘は、でも実際にお顔を拝見するのは初めてなので、『う~ん、たしかに!
』との印象を持って帰って来ました。担任の先生が「右耳からだよ~」と改め
て促したのに対し、院長が「どっちからでもいいけどね~」とおっしゃってい
たのを娘は聞き逃さず、そのエピソードを聞いた私は『やっぱり、なんか、ロ
ックだわ』と思ったのでした^^。


 私が小、中の頃は、いつもふざけて先生に怒られてたクチなので、
健診で小学校に行っても、ついつい教師ではなく「子供がわ」で、見てしまう。
 教師って、すぐ「決まり事」を作りたがりますよね。
 それも、行き当たりばったりや、思いつきの事が多い。
 先生は入ってくると健診の様子をちょっと見ていろいろな 「おふれ」 を発する。
「はーい、前のヒトのやるのをよく見てるんだぞ。ほれ、ちゃんと見てろ。」
 一方、その次のクラスの別の担任の先生は
「ほらほら、前のヒト覗きこんじゃダメ、見られたらやでしょ、前のヒト見ちゃダメよ。」
 ・・・・うーん、何だかなあ。
「ちゃんと、よろしくお願いします、終わったら、ありがとうございました、っていうんだぞ。」
 いや、そんな挨拶なんかどーでもいいから、どんどん次のヒトに代わってくださいよ。
 以前、某小学校の健診で暑い日だった。
 お昼休みの後で、みんな汗びっしょり。
 例の「赤白帽」をかぶってる子が多いのだが、先生は
「ほら、オマエ、ちゃんと帽子とりなさい。」
 帽子とると頭びしょびしょで診にくいので、何人か目に
「いや、先生、帽子かぶってた方がむしろ診やすいんですよ。」
「おっ、そうですか、おーい、みんな、帽子かぶれ、帽子、帽子!」
「お、お前、帽子どうした。」
「教室にあります。」
「なんだ、早く行って、取ってこい。」
 いや、だから、そこまですること無いんだけど・・・・。
 その後、その学校では暑かろうが寒かろうが
健診の時は生徒が毎年、全員帽子かぶってきます。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ