ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.10.14

抗原検査キットが薬局で購入可能に

Pocket

 9月27日から、医療用の抗原検査キットが

薬局で購入できるようになったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、薬剤師さんがいて

対面販売で説明できる環境ということになっていますので、

スーパーみたいなドラッグストアでシャンプーと一緒に

カゴに入れて買う、ということではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗原検査キットについては、当ブログでもたびたび記事にしています。

新型コロナの抗原検査

偽陽性騒ぎ

市販コロナ検査キットに対する注意点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、要するに

「陽性」判定の場合は感染の疑いが強いので

本当に新型コロナかどうかを医療機関に受診して確認すること、

「陰性」判定の場合には、新型コロナ感染を否定するものではないので、

症状がある限りは外出を控え、具合が悪ければ

やはり医療機関で診てもらうこと、

という扱いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「検査陰性はコロナではないという証明ではない」

というところが一番大事です。

検査が陰性であった場合、

「コロナにかかっているということを証明できなかった」

と解釈すべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、今日のテレビでは、

ライブ参戦する前に陰性かどうか確認しておきたい、

帰郷する前に陰性の確認をしたい、

という目的で購入する人たちが紹介されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは原則的には正しくありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陰性判定はコロナ感染なしということではないので、

このような人が感染拡大に一役買ってしまう可能性はあるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個人的には抗原検査の危うさは懸念されるところで

一般の人にすべて正しい理解のもとに使われることは

まず無理だろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 だが、ここにきてコロナにかかる人が激減。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このタイミングで、抗原キットの市販を許可した政府の思惑とは、

イベントや、レジャー、旅行や里帰りなどに対し、

参加、実行をためらっている人の背中を押して、

たとえそれによって感染を拡大させる可能性が多少はあったとしても

経済活動をなんとか回復方向にもっていきたい、

という考えなのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それならば、納得できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし以前書いたようなアヤシイ中国製は出回っていますから、

「研究用」ではなく、正しく「医療用」の検査キットを

選ぶようにしましょう。

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ