ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.04.25

感染を拡大する人

Pocket

 

先週、緊急事態宣言が東京では出ているが、

こちらでは出ていないときの話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30代の女性患者さんが初診の受付をしました。

保険証の住所は東京都、会社名は某在京テレビ局でした。

数日前にそこのニュースキャスターが

新型コロナウイルスに感染し入院したという局です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸い、待合室には1人しか患者さんがいませんでしたが、

問診表には「セキが出る」との記載。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、待合室で待たずにクルマに戻ってもらい、

(ワタシはその1人の患者さんを診ることになっていたので)

副院長が電話で問診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2,3日前からかなりセキ出ること、

花粉症もあるがクスリを使用していること、

熱はなく、渡航歴、濃厚接触の類はないことなどを確認しましたが、

やはり新型コロナウイルスの感染は否定できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一応、電話で薬剤アレルギーなども確認し、

通常のセキ止めと、アレルギー薬で様子を見て、

症状があるうちは外出しないこと、

セキが続く、熱が出て続くような場合には

PCR検査ができる施設に連絡を取ることなどを指示し、

診察室での診察はしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 患者さんは、なんで直接見てくれないのか結構怒っていたそうですが、

自分が感染しているかも、という自覚はほとんど無いようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そもそも東京都に緊急事態宣言が出ている中、

足利にきている、というのも問題だし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その日の夕方、その方の勤めるテレビ局が

新たにスタッフに新型コロナウイルスの陽性者が出たため

3日間の全館閉鎖になったというニュースがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 来院された方が感染者だったかどうかはわかりませんが、

少なくともはたから見て疑いがあると考えられる人が、

自分はそうかもしれないとは思わず、

けっこうあちこち平気で出歩いている、

というケースは、ほかにもあるのでしょう。。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ