ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2019.12.15

忘年会

Pocket

 朝のニュースでやっていたけれど、

最近は忘年会事情が様変わりしているようで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウワサには聞いてはいたが今どきの若者は飲み会がキライらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 忘年会に出たくない、出ない若者も多いようで、

究極の忘年会として「ソロ忘年会」なんてのも紹介していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、お店に一人で行って料理を食べたりお酒を飲んだりすると、

店員さんが盛り上げてくれたりする、というもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 おー、理解不能だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 忘年「会」では無いですね、少なくとも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシが医局に入って何が楽しみって宴会ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お花見やら、歓迎会やら、医局旅行やら、

長らく医局のリクリエーション係として、宴会仕切っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、毎年のお楽しみが、忘年会シーズン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 独身のころは大学の医局だけでなく、

あちこちの関連病院の忘年会からも数多くお声がかかり、

週に2回も3回も忘年会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前橋だけではなく、近隣の都市や、伊香保温泉などの忘年会も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手帳のスケジュールは、びっしり。

時は、もう12月は毎日忘年会出てるか、

または病院で当直やってるか、というような日々でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 忘年会は医者も、看護師さんも、先輩も、後輩もひたすら飲みまくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 飲んで飲んで年を忘れて、ついでに意識も失う、

とうような、研修医の時代、ナツカシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宴会の「出し物」のために秋ころからネタを仕込んで、

みんなで衣装を準備したり、練習したり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 忘年会では若い看護師さんと盛り上がったり、

普段は言えない教授や先輩の先生にタメ口をきいたり、

婦長さんや、看護助手のオバサンとデュエットさせられたり、

印象としては、宴会によって、翌日からの職場の雰囲気が

ぐっと良くなっていたような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最近は宴会を「サービス残業」ととらえる若者も多いとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭和は遠くなりにけり、ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ