ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2010.12.22

忘年会時代(第3話)

Pocket


 第1話、第2話の続きなのでそちらから先にお読みください。
 耳鼻科の忘年会芸は、毎年人気を呼んでいたが、
毎年、キャッチーなネタを考えれるのがまたキビシイのであった。
 今年は、どうしようかなあ。
 去年の「M.C.ハマー」は、良かったが、
顔、真っ黒くしちゃって、あと大変だったなあ。
全員で、トイレで顔洗ったけど、なかなか落ちなくてなあ。
「ハマー・タイム!」mc-hammer_convert_20101221215754.jpg
 ああでもない、こうでもないと思い悩む毎日・・・・。
 と、ある日、外来の女の子供の患者さんのシャツを見て
「今年は、これだ。」
とひらめいた。
 それは、当時女の子の大人気だった
「美少女戦士セーラームーン」。
 言わずと知れたこれである。
月に代わってお仕置きよ!2328_key.jpg
 早速、秘密裏に準備を始めた。
 そんな頃、耳鼻科外来に小児科のTセンセイがやって来た。
 この先生、私より10年近く上で、
小児科のナンバー2だったんだが、
結構仲良かった。
「あのさ、オグラ先生、お願いがあるんだけど・・・。」
「また、子供の気管切開ですか、やだなあ。」
「いや、そんなことじゃないよ。」
「じゃあ、どんな?」
「ねえ、忘年会、セーラームーンやるんだって?」
( げっ、ど、どっからそんな情報を・・・。)
・・・いや、手加減しませんからね。」
「そうじゃなくってさ、僕も入れて欲しいのよ。」
「!」
 そういやあ、この先生、酔っぱらうとオネエ言葉になるし、
そっちの趣味あるというウワサも・・・。
「・・・・ううう、まあ、いいでしょう。その代わり、一つ条件があります。」
「おう、どんな?」
 「セーラー・ムーンはボクがやります。
先生は、セーラー・マーズか、セーラー・ジュピターです。」
「ああ、じゃあ、僕、ジュピター で。」
「いいでしょう。じゃあ、頑張りましょう。」(握手!)
 などというような、患者さんのお母さんが聞いたら
ドン引きするような「密談」が交わされたのだった。
 ということで、話がまとまり、
T先生も一緒にやることになった。
 年末の忙しい合間を縫って、
各色のカツラなど、小道具を高崎まで買いに行ったりした。
 衣装作りももうお手の物だ。
 そして、本番、前橋「ミヤマ会館」だ。
 結果は予想以上の大成功で、
終わって、トイレで着替えていると
隣りの広間でやはり忘年会やってた「東京電力」のヒト(実はオレが見てた患者さんだった)が
「いやあ、センセ、スゴイですね。
あとで、我々も使いたいのでその衣装、貸してください。」
といったほどなのだ。
(実際、後日、病院まで借りに来た。)
 もう、ずいぶん昔だなあ。
 実は、このセーラー・ジュピターことT先生、
いまやG中央総合病院の 病院長 なのだ。
(ばらしちゃったけど、もう20年近く昔の話なので。)
 さて、しかし、このあともう一個、タイへンな後日談が・・・。
 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ