ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2020.06.09

微熱老人

Pocket

 2月に、再検査不合格となった、

ワタシの胸部陰影。

今回、再々検査に臨みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回の反省を生かし、

この3か月間いわゆる「マクロライド少量長期療法」を

行い、万全を期しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシの診断では、慢性副鼻腔炎に伴う

副鼻腔気管支症候群が、胸部陰影の原因と考え、

自ら処方した薬を3か月間内服。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果、胸部陰影消失!(^^)v

無罪放免の運びとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それはそれでOKなんですが、

今回ちょっとしたトラブルが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日赤は今、新型コロナウイルス対策のため、

来院者全員に検温をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 入り口のところに「関所」があって、

フェイスシールドをした看護師さんがオデコにピッとやるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワタシ、もともと平熱が36.7℃くらいなので、

ヤバいなあ、と思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかも、受診日は日中30℃を軽く超える真夏日で、

12時ちょっと前に駐車場から炎天下を歩いて玄関までの間に

オデコじりじり照り付けられ、皮膚温が上昇してるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、看護師さんは何回も検温を繰り返し

ピッ、ピッとやったが、37.5℃あったらしくアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちょっと冷ましましょう、と1分ほど時間を置いたら、

37.4℃になり、なんとか「関所」を通してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この間、スイミングに行ったときも

時間ギリギリになり、走って受付に駆けこんだら

体温37.3℃で危ないところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 以後、スイミングの時は駐車場でクルマを降りたら、

決して走らず、深呼吸をしながら、

帽子を少し上げて夜風でオデコを冷やしながら

受付に向かうことにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさか、ここにきて

平熱が高いことで苦労することになるとは

思いもよらなかった。

人生、何があるかわかりませんねー。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ