ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.12.23

年末の処方箋

Pocket

 この時期の外来では、

年末年始にかかるので、

お薬長めに出しときますね。

ということは、毎年の恒例。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 普段数日程度で経過を見る、急性疾患の薬を、

年末で忙しいだろうから、という理由で

ちょっと長めに出す、ということは

忙しいお互いのために有効なので、

この時期は当然です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 慢性疾患などで薬を定期的にとりに来るヒトは、

当然、年末年始の休みがはさまって、

次回までの受診まで薬が切れないように

調整します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アレルギーなどの長期処方は、

1ヶ月から3ヶ月くらいまであるので、

これはもう秋から患者さんの方が計算して、

薬をとりにきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 問題は、本来続けて飲む薬ではあるが、

保険診療の決まりで2週間以上処方できない薬剤の扱いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、県によって違うようですが、

我が県では例えば慢性副鼻腔炎のマクロライド少量長期療法の

薬などは1回に2週間までの処方しか認められていません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 処方箋上のルールなので、仕方が無いのですが、

慣例的に年跨ぎになると、

コメントをつければ、

2週間以上の処方が認められる、

ということになってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 22日木曜日、23日金曜日、患者さんに対し、

1週間、2週間だと年末年始にかかっちゃうので

3週間出しときますね、

と言いながらカレンダーを見ると、

1週間後の29日、30日はまだ診察やっているし、

2週間後の1月5日6日はもう普通に外来始まってます。

本当は、2週間でも可能なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、保険審査機構が見逃してくれることを期待して、

患者さんも助かるので、

3週間、4週間分処方をしてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 はっ、ここでこのことをバラしてはマズかったか?

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ