ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2009.04.05

帰ってきた左足

Pocket

 先週のアウェイ開幕戦に続いて、今回は「私のホーム開幕戦」だ。
 あー、埼スタはいいなー。
また、ここに「帰って」来た、という感じはまさに「ホーム」スタジアムだ。


 2009年J1第4節
     浦和レッズ  1-0  大分トリニータ   (埼玉スタジアム2002)
         (前半 1-0)
         (後半 0-0)


 ついに、帰ってきたぞアレックス!
昨シーズンは年間通して15分のみの出場、
単純に計算すると、時給は億単位になっちゃうという。
 4バックのサイドバックはレッズでは初めて。
いやー、長らく戦列はなれて試合勘がどうかとも思ったが、
けっこうキレキレでしたね。
コーナーやフリーキックも積極的に蹴りにいってたし、
左のキッカーがいるとやはり心強いです。
 得点もクロスの質がもたらしたオウンゴールだと思いますし、
(最初の場内アナウンスではエジミウソンのゴールだった。)
左SBというレッズに欠けていたパーツが一つ補われた形ですね。
 まだ、連携の面では熟成不足で、アレックスが左に開いても
ポンテや直輝が見てない場面も何回かあったが、これが形になってくると
強力な武器になりそうだ。
 もっとも、ウェズレイ、高松をはじめ故障だらけのトリニータに1-0では
物足りないともいえるが、内容は前回横浜戦と比べ格段に良かった。
(それにしてもピチブーいなくて良かった。こいつは苦手だ。)
 さて、今日の試合で感心したのがもう一つ。
 それは、主審の吉田さんのポジショニング。
 常にボールに近いところにいるのはさすが。
大分のユニホームが濃い青で、審判の濃いグレーとちょっと似てる。
レッズがボールを持った瞬間、そばに相手がいて、あー、もう寄せられてると思うのだが、
それがよく見ると相手ではなく、吉田さんだったということが何回かあった。
デフェンスラインの裏にボールが出たときもすばやく回り込んでいた。
遠くの方からミスジャッジを繰り返す、岡○正○氏や柏○丈○氏には是非見習って欲しいもんだ。
 それにしても今日のマッチデー・プログラムの大分トリニータのマークが
なんと、FC東京のマークになってた。
これが、実は勝因だったりして。
 今日のプログラムはあとでコレクターの間で価値が出る、・・・・わきゃ無いか。

1件のコメント

コメント/トラックバック (1件)トラックバック用URL:

  1. SECRET: 0
    PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
    帰ってきた左足が、早速結果を出してくれました。
    あとは周囲の連携ですが、尤もアレックスが本調子ならばピンポイントのクロスが放たれますから、後はそれを受ける攻撃陣が「感じる」動きでゴール前に飛び込む必要がありますね。
    ちなみに吉田氏は、序盤の攻撃阻止ファールの応酬に対して、むやみにカードを出さなかったのがすごかったですね。あれがジャスティスやイエティだったら間違いなくカード乱発大会に・・・

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ