ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2016.11.06

市民向け医師講演会の準備

Pocket

 

 土曜日は、さらにインフルエンザ2人出ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 果たして、このまま突入か?まさかね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というところで、今日は休日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今月16日にある足利市の健康の日、医師講演会の原稿スライドづくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 職業がら、医療関係の講演の依頼を受けることがおおい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、内容は

「花粉症及びアルギー性鼻炎の話」

「子供の風邪や、中耳炎関係の話」

「たばこの害や禁煙治療に関する話」

の3つがダントツに多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回はこのような話題で話してくださいと頼まれた。

 pb060020

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、タイトルが秀逸であるが、

これはワタシではなく足利市の健康増進課の方が考えたものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やるなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 依頼状には「高齢者に多い耳の病気や補聴器について」お話しくださいとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 対象は地区の住民でカッコして(60歳以上の参加者が多い傾向です)とある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なるほど、お年寄り向けの話ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 と、解釈していたが、はっと気づくとワタシはよく考えたら57歳。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほぼ、同グループじゃん・・・・・・。

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ