ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.07.09

山口へ~第79回日本耳鼻咽喉科臨床学会

Pocket

 

さて、朝早々にチェックアウトし下関に向かう。

まずは、湯田温泉駅からローカル線に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天気は、また雨か。

いったんは上がったかに見えたが・・・・・。

実は、この頃は豪雨のニュースは何となく聞いていたが、あまり意識していなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新山口~新下関間は新幹線であっちゅう間だが、また下関まではローカル線。

メンドクサイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下関、雨は霧雨程度。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口県の道路が良いのは、総理大臣がいっぱい出てるからで、その点は群馬県も同じ。

厳然たる事実であるが、納得がいくような、いかないような話である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨床セミナー、ランチョンセミナー、パネルディスカッション、いろいろ聴きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、最後に特別講演

「“「酒屋万流」 今、日本酒がおもしろい。水害からの復旧…”
澄川 隆俊(株式会社 澄川酒造場)」。

先日、プーチン大統領が山口県で日露首脳会談を行ったときに

供された日本酒「東洋美人」の蔵元の会長さんのお話しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の鹿児島での耳鼻咽喉科臨床学会での「焼酎の話」に続く

「お酒シリーズ」でしたが、

今回もまたまた面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら今回は会場での公式写真のダウンロードサービスが無いみたいなので、

学会場の様子の写真が無いのですが、

講演後、ポスター展示会場に、その「東洋美人」の試飲サービスが(^.^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやあ、これはウレシイ。(ホントうれしそうだ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イタダキマス。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻も試飲。

これ飲んで東洋美人になれるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく「売れて」いて、中には2杯3杯飲む先生もいたようですが、

クルマで来た先生はカワイソウでしたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、終了後、懇親会はパスしてわれわれは歩いて、近くのビジネスホテルへ。

この時も雨は上がっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜は、妻の弟である雅隆君と市内の居酒屋で会食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔外科医である彼は小倉の病院から、この春下関に移ったそうなので。

ずっと単身赴任らしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この店、居酒屋だが、魚がチョー美味い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というのも、この店は「魚屋さん」なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

港から直送ですから、それは、もう、新鮮で美味しいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クジラの盛り合わせもいただいちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海なし県に住んでると、こういうのはホントウラヤマシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ありましたよ「東洋美人」(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またの再会を約して。

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ