ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2022.10.23

始発で九州へ

Pocket

心配された起床だが、

朝4時にスマホの目覚ましで一発で起きた。

電話の着信音をアラームに設定すると

効果抜群だわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、昨夜戻った息子と共に、

まだ明けやらぬ街を駅に向かう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ、コンビニも開いてない始発の駅。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特急の1番列車は館林発なので、

そこまでは各駅で行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北千住、上野、浜松町でモノレールへ。

モノレール乗るの3年ぶりか、それ以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田空港に着き、娘と合流。

手荷物を預けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、保安検査場を経て搭乗口に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は今回、移動が非常にタイトで、

途中食事をとる時間の余裕が無いため、

往復の航空券は機内食のつくチケットを奮発した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、ちょっと嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かくて、福岡空港着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実家のある今宿は福岡市の郊外だが、

空港からは地下鉄一本で来ることができる。

福岡空港は日本一利便性の良い空港だと思う。

初めてこの駅に降り立ったのは、もう40年以上前。

初めてご両親に会いに行く日で、そりゃあ、緊張したなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州のお父さんは、かなり偏屈で、怖いヒトだから、

気をつけてね、と当時付き合っていた彼女に言われたもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父上に結婚の許しを得るために参上したわけで、

向こうもそれは当然分かっていたが、

お互いに話を切り出せず、

夕食が済んだあと、

コーヒーや、お茶や、紅茶を何杯も飲んで、

ひたすら当たり障りのない話を繰り返し、

やっと結婚の話になった時には、もう夜も更けて、

お互いふらふらであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが、アルコールでも入ると、

流れがスムーズなのだが、

お義父さんは九州男児だが、

酒はいっさい飲まないばかりか、

酒飲みは大キライという事だったので、

酒飲みのワタシとしては、緊張の極みであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さんには、気に入られたようで

結婚のお許しを頂き、早幾年。

こうして今、孫2人を連れて、

最後のお別れに、この家にやって来た。

時の流れを感じずにはいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孫2人は、小さい頃からよくおじいちゃんに可愛がられ、

毎年夏休みには、長期間この家で過ごしました。

我々は仕事なので、最初は連れて行っておいてくる形でしたが、

やがて航空会社のジュニアパイロットというサービスで、

羽田でスチュワーデスさんに子供を預け、

福岡空港におじいちゃん、おばあちゃんが迎えに来る

というスタイルが毎年恒例になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孫たちもおじいちゃん、おばあちゃんも、

我々の知らない相当楽しい時間を過ごしたようです。

今宿駅に降り立ったとき、

娘が、蝉の声がしないのがなんか不思議、と言っていました。

彼女たちの九州の記憶は、

夏休みの思い出であり、

関東では聞かないクマゼミの啼き声とリンクしているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼の準備の時間がないため

途中で弁当でも買ってくるように言われていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お義父さんのご遺体と対面。

お線香を上げます。

この部屋で何度もお会いした時の記憶が蘇り、

思いが込み上げてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて、葬儀屋さんが来て、

遺体を整え、納棺します。

その後、迎えの車が来て、出棺になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後我々もタクシーで、通夜会場に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、家族と僅かな親戚のみの家族葬なので静かです。

お寺さんは真宗大谷派。

若く、気さくな感じの導師様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お通夜のお食事もノンアルで、静かにいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は葬儀、火葬、拾骨、初七日法要、

忙しい1日になりそうです。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ