ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2013.10.13

好きな歌、キライな歌

Pocket


 
 昨日、栃木県宇都宮で31.3℃の真夏日で
98年ぶり の10月の記録更新だという。
 ああ、まさに暦の上ではオクトーバーなんだけど(笑)
 それにしても「あまちゃん」終わっちゃってサビシイ。
新しい連ドラが、ストーリーも、キャストも、主題歌も
まったくベタ(ある意味王道?)で、まったく面白くない。

 まあ、それは置いといて、暑いけど、秋である。
 裏の織姫山のチャイムは朝7時と、夕方6時に音楽が鳴る。
 季節ごとに少しづつ曲が変わるが、
最近「小さい秋見つけた」がよくかかる。
 ワタシこの歌、大きらいな歌の一つだ。
 だって、サビシイじゃないすか。
 今まで、夏で楽しくて浮かれていたのに、
見つけたくもない小さい秋なんか見つけちゃって、
床屋に行って
「お客さん、最近、髪、だいぶ薄くなってきましたね。」
とか、
病院で
「○○さん、この間の検査で肝機能とコレステロール、
だいぶ上がってきてますね。そろそろ血圧も薬飲まないとヤバいね。」
とか、
友人と撮った写真を見て
「あら、ワタシ、最近、小じわ増えたかしら。」
 などという事を連想してしまう。
 曲調がさびしそうなのもキライだ。
 ちなみに、ワタシがロックなどに目覚める前、
小学校時代に好きだった歌のベスト3をあげてみましょう。
 第3位 「富士山」
あーーたまーーをくーーもおおのーーーー
音楽の歌のテストでほめられた覚えがある。
 第2位 「線路は続くよどこまでも」
ドライブ感がいいです。
現在の「乗り鉄」はここにルーツがあるのか。
「汽笛一声新橋を~」の「鉄道唱歌」も、好きだったなあ。
 第1位 「こいのぼり」
これはめちゃくちゃ好きでしたねー。
「屋根よーりー高ーい」ではなく「い~ら~か~の波と~」の方です。
 ただ小さい頃は「タチバナカオル」ってヒトの名前かと思っていた。
 なんとなく、趣味嗜好がわかりますね。
 「里の秋」とか「夕焼け小焼け」「どんぐりころころ」などは嫌いではないが
秋の歌はどうも、気性に合わない。
 あっ、秋の歌で、好きな歌、ありました。

 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。一日一回応援のクリックをよろしくお願いいたします。
拍手ボタンもよろしくねー。



コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ