ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2017.04.23

好きです、札幌?

Pocket

 

 なんだかんだでテレビ中継はあり、ことしのJ リーグ、

現地観戦などもあってネットテレビで見たのは1試合のみ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回もテレ玉が頑張って中継したので地上波観戦となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただし、来院患者さんが多く14時からのライブ観戦はできず録画で。

 

 

**************************************************************************************************************

2017年J1第8節

 浦和レッズ   3-2   北海道コンサドーレ札幌 (埼玉スタジアム2002)

    (前半  2-1)

    (後半  1-1)

**************************************************************************************************************

 それにしても今年は、ここまでホーム埼玉スタジアムに

まだ一回も行けてないというのもメズラシイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日だって、他会場はもっと遅い時間キックオフもあるのに、

何ゆえ埼スタが14時なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コンサドーレ札幌はひさびさにJ1に戻ってきた「昇格組」であるが、

いつの間にかチーム名に「北海道」の名が加わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 札幌は今季アウェイでは全敗だが、ホームではFC東京に勝ったり、

川崎フロンターレ相手に追いついての引き分けなどなかなかあなどれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもFWの都倉は今シーズン4得点で、得点王ランキング目下3位。

(ちなみに1,2位がレッズの興梠、ラファエル・シルバ、というのもスゴイけど。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は予想通りレッズのポゼッションで進んでいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 堅守を誇る札幌であるが、前半20分、柏木のCKを

ヘッドで競ったラファエル・シルバが、そのこぼれ球を倒れながらゴールに蹴りこんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレでぐっと楽になるレッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、34分、一瞬のスキから

札幌の兵頭が裏に出てキーパーと1対1になり決められてしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 見たところ多分オフサイドであったが、むろん判定は翻らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、その6分後宇賀神の左からのクロスに興梠が頭で合わせる。

これを相手キーパー、ク・ソンユンがセーブするが、

そこに武藤がつめる。

しかしディフェンダーに体を入れられブロックされるが、

そのこぼれ球を関根が豪快に蹴り込みゴールイン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 分厚いレッズの攻撃が札幌の固いゴールをこじ開けた形だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、後半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 札幌は得点を奪いに攻めかかり、レッズはやや劣勢に立つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、先に述べた都倉は、予想以上の選手であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 体の強さ、シュート力、ボールの読み、など抜群の存在感で、

代表クラスのFWといえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 J2なので今まで知らなかったが、スゴイ選手っているもんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたら30歳、慶応幼稚舎から塾高、慶応大学という「慶応ボーイ」で

高校時代から川崎フロンターレユースで、大学進学と同時にトップチーム入り。

お姉さんが準ミス日本で女優さん作曲家の都倉俊一氏が伯父さんだという。

身長187センチ、しかも昨日見たら、超イケメン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、スゴイ、我々とは生まれも育ちも別世界の「スター」な人ですな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかもJ2時代の2015年、

その年にJ1昇格の松本山雅から完全移籍のオファーがあったが、

それを断って、札幌に残留、J1復帰の立役者になったという男気もあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこの試合、目についたのはGKク・ソンヨン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 韓国代表キーパーで身長194㎝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 高い身長でもちろんハイボールの強さは当然だが、1対1にも強く、足元も巧い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレもいい選手ですねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しらべたら、今季開幕前、

鹿島アントラーズからの1億円規模のオファーを蹴って札幌に残ったという。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんか、だんだんこのチーム好きになってきたなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、試合は74分、劣勢の中次第に盛り返し、

相手陣内にラファエル・シルバからスルーをもらった興梠がディフェンダーに倒されPKを得る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これを決め3-1としたが、

その後札幌のユニホームを来てピッチに登場したのが

元レッズの至宝小野伸二である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 87分、レッズはゴール前ファウルを与えてしまい、札幌のフリーキック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ボールの後ろには右足の小野伸二とレフティーの福森。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 小野伸二はボールを置き、味方に細かく立ち位置などを指示。

間合いもいつになく入念にとり、動き出しのフェイクなど入れて蹴る気満々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スタジアム中、いやテレビ観戦も含めすべてのヒトが

あの元浦和のエース、元日本代表の天才、小野伸二が、

どんなキックを見せるか固唾を飲んで見守っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、ボールを蹴ったのは先に走った福森であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 コレがまんまとレッズゴールに吸い込まれるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 福森のキックも見事であったが、

小野伸二が自分の存在をよくわかっていて入念にセットした作戦が

見事に的中したといえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 敵ながらあっぱれ、

というかレッズファンは誰も伸二のことを「敵」とは思っていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 思い返せばレッズが2000年にJ2に降格した時、

日本代表にも選ばれ伸び盛りの若きエースであった小野伸二は、

J1チームや海外からのオファーを断ってJ1復帰を目指してレッズでJ2を戦ったのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、最年少キャプテンとしてチームをけん引し、1年でJ1復帰を果たし、

その半年後オランダの名門フェイエノールトへ旅立ったのである。

この時の「恩」をレッズファンはいつまでも忘れないであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回の埼スタの彼に対するブーイングもすべて「愛」と「リスペクト」のブーイングである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 試合は3-2でレッズが逃げ切り、首位固めに成功。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、何となく、札幌いいチームだな、

今後札幌もちょっとガンバレみたいな気持ちも芽生えた。

たしか、妻が股関節の手術をしていただいた整形外科医の石部基実先生も

コンサドーレ札幌のサポーターで、札幌ドームに応援に行くようで

しばしばご自身のブログでもとりあげている。

そのご恩もあり、今後ワタシも陰ながら応援しましょう。

(でももし、負けたてらそうは思わなかったとは思いますが・・・・(^^; )

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ