ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2014.03.31

失点パターン

Pocket

幸い今年の花粉は予想通り少な目で、

心配された土曜日の外来もシーズンオフと同じくらい早く終わった。

 

 

 

 

 

トンカツもきちんと食べて15時キックオフのアウェイ神戸戦である。

***************************************************************************************************************

2014年J1第5節

 

 

 ヴィッセル神戸       3-1         浦和レッズ  (ホームズスタジアム)

        (前半      0-1)

        (後半      3-0)

 

*****************************************************************************************************************

前節で無観客試合を「消化」しアウェイ席にはたくさんのレッズサポがつめかけていた。

 

 

 

 

 

しかし、週半ばにゴール裏の主要なサポーターグループの自主解散が発表され

相変わらず、フラッグもダンマクもない奇妙な雰囲気は引き続き感じられた。

 

 

 

 

 

 

そんななか、前半、ゲームの主導権を握り、

先制ゴールを奪ったまでは良かった。

 

 

 

 

 

 

 

ゴール自体も素晴らしい形だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、後半失速、無残な逆転負けを喫してしまう。

 

 

 

 

 

 

それにしても、デフェンダーがボールとられてそっから失点、

って、いったい何回やったら気が済むの?

 

 

 

 

 

 

 

しかも、今回は一試合で2点。

 

 

 

 

 

 

 

この「病気」を治さないと優勝どころじゃないでしょ。

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ