ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2018.08.23

天皇杯4回戦、東京ヴェルディに勝ってベスト8へ

Pocket

 天皇杯4回戦。

天皇杯はかつて年末の「季語」であったが、

ここ10年は全く違ってしまったなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 相手は東京ヴェルディ。

かつてJリーグ発足前後は人気、実力ともに日本一、

代表選手の大半を輩出していた黄金時代もあったが、

いまやそんなことも若いサッカーファンは知らないかも。

**********************************************************************************

第98回天皇杯

浦和レッズ 1-0 東京ヴェルディ (熊谷文化スポーツ公園)

  (前半 0-0)

  (後半 1-0)

**********************************************************************************

 天皇杯では通常J1のチームはスタメンを落とし、

下位リーグのチームはジャイアントキリングを狙って

ベストメンバーで臨むものだが、

今回はまったく逆。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京ヴェルディはJ2で現在6位、

J2で1,2位はJ1自動昇格、3~6位がプレーオフ進出圏なので、

ここは踏ん張りどころ、

リーグ戦の順位は絶対落とすわけにはいかない状況。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方の浦和はJ1は現在9位、優勝は絶望だが、

ACL出場権内の3位以内も現実的にはかなり厳しい状況。

くわえてルヴァンカップはすでに敗退している。

唯一天皇杯が残されたタイトルであり、

しかもこれをとればACL出場権もついてくる、

ということで、リーグ戦よりむしろ重要なゲームだったりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 というわけで、J1浦和レッズはほぼベストメンバー、

逆にJ2東京ヴェルディは前節のリーグ戦からスタメン10人を入れ替えた

いわば「控え組」という、異例の状況になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それならば、すんなり浦和が勝つだろうと思うのは

シロート衆の考えることで、

浦和レッズサポを長くやってると、これはキビシイかも、と思うのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 案の定、のびのびとファイトしてくる東京ヴェルディに対し、

何となく調子の出ない浦和レッズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半38分には右サイドを崩されてシュートを打たれる。

やられた―と思ったが、

シュートはポストに当たりゴールインせず、救われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前半とばしたヴェルディの選手は、後半になり次第に消耗してくる。

アップになると書いている汗の量が両チームで明らかに違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、64分、

大きなサイドチェンジから相手ディフェンスラインを揺さぶり、

岩波のアーリークロスは興梠にピンポイント。

興梠はゴール前にフリーになっているファブリシオに丁寧に頭で落とし、

これをファブリシオがゴールに突き刺した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 またまた、スペシウム光線ポーズ。

今後、これを見るのが楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後、とどめを刺す機会もあったが、

このまま1-0で終了。

ヴェルディも浦和レッズ相手によくやった感があり、

レッズもノルマを果たした達成感があり、

双方ともに「良い」結果であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌朝のスポーツニュース。

天皇杯で、トーレスとイニエスタが同じピッチに立ったというニュース。

映像はJリーグレベルでも特にどうってことない、

イニエスタのヒールパスと、トレースの初ゴールのシーン。

そして、横浜対仙台で、そのイニエスタと同じバルセロナにいた

横浜Fマリノスの久保のゴールアシストのシーン。

これも、まあ、大したことはない。

しかも勝ったのは仙台で、仙台のゴールシーンはなし。

で、そのあと他試合の結果くらいは出るかと思ったが、

スコアすら出ず、天皇杯のニュースおしまい。(+_+)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ、天皇杯の扱いなんてこんなもんで、

トーレスとイニエスタの対戦がなかったら、

そもそも朝のニュースではかすりもしなかったでしょう。

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ