ロックな耳鼻科:小倉耳鼻咽喉科医院院長、小倉弘之が日々思うこと。

2021.02.18

天使の囁きの日

Pocket

 診察室のカレンダーには、手術の予定などを書きこみますが、

今年のやつは「今日な何の日」的なモノが

載っています。

今年のスギ花粉レーザーは終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「天使の囁きの日」って何だ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調べたところ、

1978(昭和53)217日に北海道の幌加内町母子里(もしり)で

マイナス41.2℃という最低気温が記録されました。

しかし、気象庁が公式に測定したものではなかったということで、

記録無効となってしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それはクヤシイ、残念だ、ということで、

地元の若者がこの日を記念日として、

「天使の囁きの日」としたらしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で、ナゼに最低気温が天使の囁きなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 極寒の中で凍死するときに、

眠くなって、天使の囁きにいざなわれることかと思ったが、

そうではないようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外気温が極めて低いときに見られる

「ダイヤモンドダスト」のことを

「天使の囁き」と称したんだそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あー、なんか、ねー、

ワタシなどの感覚だと赤面しちゃうくらい

何とも恥ずかしいネーミングセンスですが。(/ω\)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 でも、ここは北海道の田舎の若者たちの純朴な発想、

というアタタカイ目で評価するべきですかねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ところで、ワレワレ世代には

「天使のささやき」といえば、間違いなくコレですね。

日本でも大人気でした。

 

 

 

まだ、活動してるみたいですけど、

何年か前にライブを見に行った佐野くんによれば、

メンバー変わってるみたいだし、もう結構な歳だし、

黒人のオバサンが3人来てスリーディグリーズだ、っていえば

そうと思うしかない、と言ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

コメント/トラックバック トラックバック用URL:

管理人にのみ公開されます

医療系をまとめました。
2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の投稿 最近のコメントカテゴリー アーカイブ